Webデザイナーに向いている人、適性

発信者と利用者を繋ぐ仕事

Webサイトは利用者がいることが前提に作られます。

あるときは商品を購入し、あるときはニュースを読み、またあるときはコミュニケーションを行うこともあります。

また、サイトには必ず発信者がいます。

商品を広く知ってもらいたい人、商品を売りたい人、サービスを提供したい人、何かを啓蒙したい人、これらの人がサイトを必要とし、そこを基点に発信を行います。

発信者と利用者をつなぐ役割をするのがWebサイトであり、デザイナーは橋となるサイトを作るお仕事です。このお仕事は時に利用者に喜ばれ、成果があがれば発信者にも喜ばれます。

自ら作り上げたコンテンツで人を繋ぎ・喜ばせることに、何よりも尽力できる人がデザイナーに向いている資質だと思えます。

孤独な作業に耐えられる根気は必要

大きなサイトや複雑なサイトになればなるほど緻密で膨大な作業量になります。どの職種でもいえることですがやはり根気が必要です。

「これぐらいでいいか」という妥協はデザイナーの成長を止めてしまいます。

「そのぐらいにしておけ」と周りに言われるほど没頭できる性格の人はデザイナーとして大成できる資質をもっているかもしれません。

常に新しい技術の導入されるインターネットの世界、新しい技術への興味を常に持ち、率先して学べる人も向いています。

面倒なのでもういいやと学ぶことをやめるとデザイナーは取り残されて淘汰されていきます。

時に作業や学習は孤独で黙々とこなさなければなりません、それが苦にならない人であれば向いている職業かもしれません。

また、細かい作業が好きな人も向いています。ホームページに乗せるための画像を処理したり、大きさをミリ単位で調整したりと本当に細かな作業が多くあります。

しかし細かな作業があるからこそ素晴らしいホームページができるのです。

コミュニケーション能力も大事な要素

デザイナーは単に平面にレイアウトを作る仕事ではありません。情報を発信したい人、それを受ける人が何を求めているかを理解して作らなければいけません。

そのためにはいろいろな人々に話を聞く必要もでてきます。

またWebサイト制作は、時にチームワークが必要となります。役割分担された仕事をチームメートと作り上げていくためのコミュニケーション能力は、仕事を円滑に進めるための大事な要素です。

聞く力、伝える力に自信のある方に向いているといえます。

探究心のある人

Webデザインには無限大の可能性があります。国内外のさまざまなWebサイトを見ていると「こんな動きをさせることもできるのか」と関心させられることもあります。

そうしたときに、どうすればいいのかを調べて自分でやってみることが大切です。

これを繰り返すことによってスキルが身に付き、お客さまに提案する際に自分はこういうこともできるとアピールすることができるようになります。

まだWebデザイナーでなくても、気になるWebサイトがあれば、ノートに書き留めることから始めてみるのもいいかもしれません。

それが将来きっと自分の財産になることでしょう。

仕事体験談