Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには

Webデザイナーはフリーで働く人も多い職業ですが、まずはWeb制作会社に入社し、経験を積むことが一般的です。

Web制作会社以外の就職先としては、自社でWebサービスを運営している企業や自社企業サイトを管理するデザイナーの職があります。

とくに資格は必要ではありませんが、公的なものとして、特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会が主催する「ウェブデザイン技能検定」があります。

Webデザイナーの資格・試験

まったくの未経験者を採用しているところは少なく、ある程度の技術が求められます。

そのため、Webデザインの講座があるスクールに通うか、独学で基礎知識を身につけておくことが必要になります。基礎知識を学んだあとは、自分でWebサイトをいくつか作成しておくといいでしょう。

プログラムがわかるWebデザイナーはそれほど多くはないため、デザインだけでなく、プログラムの知識もある程度あると就職に有利です。

Webデザインの専門学校について

Webデザイナーになるためには、Webデザインの勉強を学校で学んでおいたほうが有利です。

学校にもいろいろな種類があり、スクールと呼ばれる半年ほど勉強するところや、情報系の大学、2年制・3年制の専門学校などがあります。

その中でも比較的勉強しやすいのが専門学校です。

専門学校で勉強すること

入学してすぐにWebデザインの実習をするのではなく、まずは情報についての座学から入ります。コンピュータの基礎的な知識の勉強やデザイン、色彩の勉強をしながら、資格取得を目指していきます。

専門学校では、就職の際に自分が勉強してきたことの証明のために、さまざまな資格を取得していきます。

基礎の勉強がある程度進むと、HTMLやCSSと呼ばれるホームページを作る上では欠かせない言語の勉強に入ります。

こちらはパソコンで文字を表示させたり装飾をしながらの実習になります。

他にも関連法規という著作権や肖像権などの法律の勉強もしなければなりません。

Webデザイナーはホームページを作る上で、著作権や肖像権に気を配る必要があり、関連する法律の勉強も必要となってきます。

専門学校に入るメリット

専門学校において入ってよかったと思えるのが豊富な就職先でしょう。

多くの業界から求人があるわけではありませんが、情報関連の企業に関しては、卒業生が就職しているということもあり求人も多く、内定も出やすくなっています。

Webデザイナーとして働く

簡単なデザインからスタート

就職後、まずは簡単なデザインから担当します。

基本的には即戦力の採用となることが多いため、大手の企業以外においては、研修はあまり期待しないほうがいいかもしれません。

Webデザイナーとして経験を重ねていくと、適性に応じて、Webデザイナーをまとめるリーダー職や、デザインを指揮するWebディレクター、全体を統括するWebプロデューサーへと昇格していきます。

Webデザイナーの現状と今後の見通し

Web業界は拡大を続けています。

Webデザイナーの仕事も増えてきていますが、ソフトウェアの発達などにより、Webサイトをつくるハードルが下がっていることもあり、Webデザイナーを目指す人も増加しています。

今後は、単にデザインができるだけではなく、依頼主の意図を正確に読み取り、効果を考えたデザインができるスキルが求められるでしょう。

また、デザインだけでなく、ある程度のプログラムの知識も必要となってくるでしょう。

仕事体験談