Webデザイナーの資格・ウェブデザイン技能検定

Webデザイナーの資格について

Webデザイナーに関連する検定として、ウェブデザイン技能検定があります。

ウェブデザイン技能検定試験試験は、試験基準に基づき学科試験及び実技試験が行われ、1級の合格者には厚生労働大臣より、2級及び3級の合格者には当協会理事長より、ウェブデザイン技能士の合格証書が発行されます。

すべての等級が国家検定となります。

ウェブ業界で唯一の国家検定であり、合格すると「ウェブデザイン技能士」を名乗ることができます。

Webデザイナーになるには

平成28年度 ウェブデザイン技能検定試験(3級)の概要

試験日 ・2級、3級 平成28年5月22日(日)
・2級、3級 平成28年9月4日(日)
・1級学科、2級、3級 平成28年11月20日(日)
・1級実技、2級、3級 平成29年2月19日(日)
試験地 北海道、宮城、埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、岡山、広島、福岡、佐賀、沖縄
※団体受検の場合など一定以上見込まれる場合は、他の場所でも開催されます。
受験資格 <3級>
・ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び従事しようとしている者
※IT 関連企業に勤務していない、専門学校等や大学で関連の勉強をされていない等の場合でも受検が可能です。2級以上を受験する場合は、実務経験が必要となります。
試験内容 ・1級 学科90分 実技180分 ペーパー実技60分
・2級 学科60分 実技120分
・3級 学科45分 実技60分
試験科目

3級 学科試験

1.インターネット概論
1-1.インターネット
1-2.ネットワーク技術
1-3.インターネットにおける標準規格・関連規格と動向
1-4. ウェブブラウジング
1-5. ワールドワイドウェブ(WWW)セキュリティ技術
1-6.インターネット最新動向と事例
2.ワールドワイドウェブ(WWW)法務
2-1.知的財産権とインターネット
3.ウェブデザイン技術
3-1. ハイパテキストマーク付け言語および拡張可能ハイパテキストマーク付け言語(HTML・XHTM)とそのコーディング技術
3-2.スタイルシート(CSS)とそのコーディング技術
3-3.スクリプト
4.ウェブ標準
5.ウェブビジュアルデザイン
5-1.ページデザインおよびレイアウト
5-2.マルチメディアと動的表現
6.ウェブインフォメーションデザイン
6-1.インフォメーションデザイン
6-2.インタフェースデザイン
6-3.ユーザビリティ
7.アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
8.ウェブサイト設計・構築技術
9.ウェブサイト運用・管理技術
10.安全衛生・作業環境構築

3級 実技試験

■ウェブサイト構築
<ウェブサイトデザイン >
以下のウェブサイト構築に関するデザイン作業が出来ること
・ハイパテキストタグ付け言語(HTML)、拡張型ハイパテキストタグ付け言語
(XHTML)、スタイルシート(CSS)によるコーディング
・画像の利用
・マルチメディアデータの利用
・ページデザイン・レイアウト
・アクセシビリティ

<ウェブサイト運用管理 >
以下のウェブサイト運用・管理に関する作業が出来ること
・更新、管理

合格発表 ・第1回試験(2級、3級) 平成28年6月23日(木)
・第2回試験(2級、3級) 平成28年10月3日(月)
・第3回試験(1級学科、2級、3級) 平成28年12月22日(木)
・第4回試験(1級実技、2級、3級) 平成29年3月23日(木)
合格率 3級:60%、2級:48%、1級23%(平成23年度)
受験料 ・1級:学科: 7,000円 実技: 25,000円 (合計32,000円)
・2級:学科: 6,000円 実技: 12,500円 (合計18,500円)
・3級:学科: 5,000円 実技: 5,000円 (合計10,000円)
詳細情報 インターネットスキル認定普及協会

仕事体験談