Webディレクターになるには

資格は必要ないが専門的知識やスキルは必要

Webディレクターになるために必ず必要な資格や学歴はありません。

実際に今活躍しているWebディレクターたちの学歴もさまざまです。

しかし、Webディレクターはある意味技術職、専門職でもあるので、ある程度の知識は持っていた方が仕事にもスムーズに入れます。

ではいったいどうしたらWebディレクターになれるのか?

学校入学からWebディレクターとして活躍するまでの流れを見てみましょう。

大卒、専門学校、キャリアアップスクールで学ぶ

大学在学中に「Webディレクターになりたい」と思った場合は、マーケティングを専攻したり、Web系の科目を多くとったり、デザインを学んだり、とにかくWebの仕事に関連性の高いことを積極的に学ぶようにします。

大学でしっかりと学んでおけば、就職活動の際に有利に働くことも多いでしょう。

高校在学中からWebディレクターを目指している人の場合、大学ではなく、より集中して実務や知識が学べる専門学校を選ぶ人も多いようです。

需要が右肩あがりの業種なこともあり、IT系に強い専門学校は年々増えてきています。

たくさんある学校の中から、自分にあった学校を選び、Webディレクター専攻、もしくはWebデザイン専攻などに入学して学びます。

いずれの学校に進学してもきちんと学び、努力をすればWebディレクターになることは可能です。

また、一度社会に出た後にWebディレクターを目指す人も多く、その場合はキャリアアップスクールでWebの専門知識を学ぶ人も多いようです。

Webサイト制作の現場でキャリアを積む

新卒もキャリアチェンジの場合も、学校を卒業した後は、Webサイト制作会社やデザイン会社に入ります。

最初からWebディレクターアシスタントとして採用されることもありますが、まずはWebデザイナーから始めて経験を積むというケースも多く見られます。

Webデザイナーの仕事

未経験者の場合、まずは得意な分野から現場を学ぶことも多く、プログラマーやコーダー(コーディング担当)から始めるという人も少なくはありません。

スキルを学びキャリアを積み、一人前のWebディレクターに

現場で実際の仕事の流れを学び、スキルを磨き、キャリアを積んで一人前のWebディレクターとして成長していきます。

Web業界のトレンド、デザイン、マーケティング、コーディング、現場で経験を積んでこそ、幅広く、実用的で的確な知識を得ることができます。

その間に、よりやりがいのある仕事や良い環境を求めて、転職をする人もいます。

人や会社によって差はありますが一人前のWebディレクターになるのは最低3年はかかり、Webデザイナーから始めた場合はさらにプラス2~3年、計5年以上はかかると思っておいたほうがよいでしょう。