スポーツトレーナーの1日

スポーツトレーナーは、さまざまなチームで、さまざまな契約内容や条件で働いています。

ここでは、プロ野球のチームスタッフとして働くスポーツトレーナーと、整体院に勤務しながら大学のサッカー部へ派遣されるスポーツトレーナーの1日の流れを紹介します。

プロ野球のチームで働くスポーツトレーナー

13:00 
本拠地で試合の場合、球場に入ります。ジャージに着替えて準備をすると選手たちも球場に集まり始めますので、必要な選手のテーピングをしたり、故障明けの選手の状態を確認したりします。
チームの練習中は、グラウンドで球拾いをしながら選手たちの動きをチェックします。

16:00
チームの練習が終了すると、先発投手やベテラン選手が球場内のトレーニングルームに来ますのでマッサージをします。

18:00
試合開始。トレーナー1人がベンチに入ります。
他のトレーナーは、試合開始前後に軽食をとり、その後、リリーフ投手を順番にマッサージします。
先発投手が途中で交代すれば、アイシングをします。また、試合経過を見ながら片づけも始めますが、ケガをした選手が出ると緊急で対応します。

21:00
試合が終了すると、腰やヒジ、肩の痛い選手にマッサージしたり、擦り傷をした選手に消毒したりします。
その日の出来事や選手の様子について日報を書きます。
主力選手が大きなケガをした場合、マスコミの取材を受けることもあります。

23:00
球場を出ます。同僚と食事をしたり、飲みに行くこともありますが、自宅へまっすぐ帰っても食事をとるのはたいてい深夜0:00頃になります。

チームが本拠地で試合をする時は、このような1日の繰り返しになります。遠征に帯同すれば、監督や選手たちと同じホテルに宿泊します。

球場入りが15:00以降と遅くなるため、ホテルの部屋で体のどこかに違和感のある選手たちにマッサージすることもあります。球場に入ってからは、本拠地の場合と同じ流れになります。

整体院から大学のサッカー部へ派遣されるトレーナー

9:00
整体院に出勤して、患者に対応します。

14:00
整体院を出て大学サッカー部の練習場へ向かいます。

15:00
学生トレーナーとミーティング。
部員数が多いと一人では対応できませんので、多くの部では学生トレーナーが手伝っています。学生トレーナーとその日のスケジュールを確認し、テーピングなど選手のケアが始まると、学生トレーニングの指導も行います。

主力選手に故障者やケガ人がいれば、スポーツトレーナーが対応します。
スポーツトレーナーによっては、チームや個人の練習を指導することもあります。練習中にケガ人が出ると対応したり、学生トレーナーを指導したります。
また、練習中に監督やコーチと打ち合わせやケガ人に関する報告などを行います。

19:00
練習場を出て帰宅します。

整体院などから派遣されるスポーツトレーナーの場合、練習場へ顔を出すのは週に1〜3回程度ですが、大会や試合が近づくと訪問回数が増え、練習時間も長くなります。

また、スポーツトレーナーによっては、複数のチームを掛け持ちしていて、毎日のように担当するチームに出向く人もいます。