スポーツトレーナーになるための学校

多くのチームから求められるトレーナー像とは?

「スポーツトレーナー」とひと口に言っても、担当分野に応じて、大きく「アスレティックトレーナー」と「フィジカルトレーナー」に分かれます。

「アスレティックトレーナー」は、「メディカル担当」とも呼ばれ、選手の外傷への対応としてアイシングやテーピングを行ったり、スポーツマッサージ、リハビリ指導などを担当します。

「フィジカルトレーナー」は、ウォーミングアップやクールダウンを選手とともに行ったり、ふだんのコンディショニングや筋力トレーニング、呼吸法を指導するなどフィジカル面を担当します。

プロスポーツのチームでは、アスレティックトレーナーとフィジカルトレーナー(もしくはコーチ)の両方がいますが、ほとんどのチームは何人ものトレーナーを雇う予算的な余裕がありません。

その結果、現場に求められるトレーナーは、アスレティックトレーナーとフジカルトレーナーの両方を兼ね備えた知識と能力のある人となっています。

代替医療のできることが大きなポイント

その場合、ポイントになるのが、医者に代わる「代替治療」ができることです。代替医療が行えるのは、鍼灸師やあん摩、マッサージ師、柔道整復師などの資格をもつ人です。

つまり、スポーツトレーナーになるには、「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師灸師」、「柔道整復師」、「理学療法士」といった国家資格を取得しておくと有利だということです。
理学療法士の仕事
鍼灸師の仕事
柔道整復師の仕事
あん摩マッサージ指圧師の仕事

そして、スポーツトレーナーになるための学校選びという点では、こうした国家資格の取得をめざす専門学校が最もお勧めということになります。

スポーツトレーナーを養成する専門学校も増えている

もちろん、スポーツトレーナーは人気職業ですから、スポーツトレーナーの養成を目的とした専門学校が増えています。また、体育系の学部のある大学も選択肢の一つになります。

こうした専門学校や大学は、すでに現場で活躍している先輩も多く、現場の実情を聞いたり、現場で体験を積むカリキュラムが設けられていて、現役トレーナーと身近に接することができます。

大学の場合なら、どこかの部に学生トレーナーとして入部することも可能で、本当に自分に向いているかどうかじっくり考える時間をもてます。

専門学校や大学で勉強するのは、人間の体とその機能を始め、基礎医学、栄養学、トレーニング、テーピング法、スポーツ障害や外傷、救急措置法、マッサージ理論と実技、一般整形疾患などとなっています。