小学校教員の教職課程で勉強すること

勉強すること

大学等の教職課程で勉強することは、小学校教員の場合は数多くあります。なぜかというと、小学校は全教科を教えなければならないからです。

勉強することは大きく分けて2つあります。1つは、教職に就くにあたり理解しておかなければならない、法律や心理学、歴史などの教養。もう1つは、小学校で教えるべき専門科目などです。

教養

まず教養ですが、これも2つに分けることができます。1つ目に教育原論という科目があります。これは、学級経営や学習指導要領、日本や世界における教育の歴史や情報教育、日本国憲法・教育基本法・学校教育法などの教育に関する法律について勉強します。特に法律は多くの条文がありますが、暗記ではなく理解することが大事です。

2つ目に教育心理学という科目があります。これは、カウンセリングの方法だとか心理テストの方法などを勉強します。カウンセリングは、悩みを抱える児童にどのように寄り添っていくかということや、保護者との関係の作り方などを学びます。

心理テストは、子供の内面を探るために絵画療法や箱庭療法、アンケートテストなどの仕方を学びます。

専門科目

次に専門科目ですが、これは主に各科目の指導法について勉強します。小学校なら、国語・算数・理科・社会・体育・音楽・家庭・図工・生活・英語の各科目の授業の計画の立て方や授業の進め方などを学びます。

実技教科については、机上だけでなく実技の指導法も学びます。

そして、専門科目の集大成として教育実習というものがあります。小学校では1カ月間の間、母校に通勤して指導教官から学級経営や授業の仕方、児童の指導の仕方などを学びます。実習の最後に、実際に授業計画を立てて授業をする研究授業というものがあります。反省会もありますので、自分の指導の仕方を評価されます。

以上のようなことを教職課程では勉強することになります。

仕事体験談