診療放射線検査技師の仕事内容

放射線を使って検査をする

診療放射線技師の仕事は、医師の指示の下で放射線を用いて検査や治療を行うことです。

病院や健康診断などでおなじみのレントゲン検査も放射線を利用した検査です。

放射線の照射は正しく利用をしないと人体に害を及ぼす危険性があるため、放射線の専門家である診療放射線技師と医師、歯科医師にしか認められていません。

近年は、医療の専門化が進んできたこともあり、放射線検査は、ほとんどの場面において、診療放射線技師が行います。

診療放射線技師は病院や診療所への勤務が一般的ですが、放射線を扱う専門家であるため、原子力の発電所や研究所、検査機関などでも技師として働いています。

診療放射線技師の検査業務はさまざま

診療放射線技師というと、レントゲン室でレントゲン撮影をしているだけではありません。

たしかに新人が最初に受け持つものとしては骨折したときにおなじみの一般X線撮影となります。

そのうち経験を積んでいくとマンモグラフィと呼ばれている「乳房X線検査」や、デジタルX線TV装置と造影剤を使って臓器や血管を描き出す「造影X線検査」、さらに体内の断面図を撮影する「CT検査」や磁気を利用する「MRI検査」、 また「超音波検査」なども診療放射線技師の業務です。

また、放射線での撮影以外にも、微量の放射性物質を用いて病気を診断する「ラジオアイソトープ検査(RI検査)」や、がん細胞を破壊する「放射線治療」も担当します。

がん治療にも力を発揮する

日本人の三大死因であるがんの有効な治療法として放射線治療があります。

患者さんのがんに対して放射線を照射することで治療効果を出そうというものです。この放射線治療も医師を除けば診療放射線技師だけが担当することができます。

そのほか、検査で得られた画像や放射線情報を上手に取り扱ったり、放射線機器を安全に管理するといった業務も診療放射線技師の大切な仕事となっています。