心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーとしての働き方はさまざま

心理カウンセラーは、正確には職業名ではありません。

「心理学の知識をもって人の相談にのり、相手が抱える心の問題を解決に導く人」のこと全般を指して使われることが多く、実際にはさまざまな領域で活躍しています。

そのため、ひとくちに心理カウンセラーといっても、どのような場所で働くのか、どのような仕事をしたいのかによって、なるための道筋は異なります。

ただし、共通していえることは、この仕事では心理学の専門知識とカウンセリング技術が不可欠だということです。

そのため、これから心理カウンセラーの仕事を目指す場合、まずは仕事に必要なスキルを身につけることが近道になるといえます。

大学や大学院で学ぶ

心理学の専門知識を学ぶための場所として、大学の心理学部が挙げられます。また、大学院まで進学すれば、心理系の民間資格の中では最も専門性が高いとされる「臨床心理士」の受験資格も得られます。

心理カウンセラーの仕事において、資格は絶対に必要なものではありませんが、公的機関や学校のスクールカウンセラーとして働きたい場合には、臨床心理士が求められることが多いため、取得しておくと就職先の選択肢は広がるでしょう。

時間はかかりますが、本気で心理職を目指したいのであれば、基礎から体系的に心理学を学ぶという意味でも大学や大学院に進学することは無駄にはならないはずです。

臨床心理士の仕事

就職先は?

心理カウンセラーが求められる職場はさまざまあります。

学校のスクールカウンセラーとして、病院の医療ソーシャルワーカーとして、あるいは一般企業の産業カウンセラーとして。

「人」が生活するあらゆる場面で心理カウンセラーが必要とされているといっても過言ではありません。

そのほか、公務員の「心理職」として福祉関連施設などで働く人もいます。この場合、関連する公務員採用試験を受けて合格し、採用されることが必要になります。

職業として心理カウンセラーを続けていくために

このように、心理カウンセラーの仕事は社会のあらゆる場所で必要とされていながら、まだまだ立場が確立しておらず、「非常勤」という不安定な雇用条件の下に働いている人も多いのが実情です。

この先、臨床心理士が国家資格化されれば、心理カウンセラーの仕事の社会的地位も変わってくるかもしれませんが、現状のところ、心理職を職業としてしっかりと続けていくためには、「専門性」を高めることを考えたほうがよいでしょう。

専門性は、決して一朝一夕で身につくものではありません。人が抱える心の問題にアプローチするという責任ある仕事だからこそ、日々スキルアップしていく気持ちが欠かせません。

仕事に就いてからも心理カウンセラーに関連する資格を取得したり、専門書を読んだり研修会に参加するなどをして、自主的に勉強を続けていく努力が求められます。