鍼灸師に向いている人、適性

コミュニケーション能力の高さ

鍼灸師は、常に患者さんとのカウンセリングやアドバイスを行いながら鍼灸技術を施していく仕事です。

そのため、何気ない気配りや優しさ、言葉使いはもちろんのこと、ユーモアのセンスも持ち合わせていると、患者さんの支持を得やすいでしょう。

施術中に患者さんが不安を抱かないように、人当たりが良く、優しい雰囲気を持っていることが求められます。

また、人と接することが好きでコミュニケーション能力の高い人に適性があるといえます。

奉仕性・人の病気を治したいという気持ち

鍼灸師は医療職の一つです。人の病気を治したい、病気で苦しんでいる人を癒したいという気持ちはもっとも大事であるといえます。

鍼灸師は自分で開業できるという特徴がありますが、実際に鍼灸治療院を運営していく中で、それほど多くのスタッフがいるわけではないので、鍼灸師である自分の人柄と人気がそのまま治療院の人気になる傾向にあります。

そこで、患者さんに人気があり、信頼されるような人柄だと、有利になると言われています。

継続的な学習意欲と判断力

高校卒業後、鍼灸師過程を3年間受講した後、鍼灸師の国家資格の勉強をして資格を取得した後も、鍼灸師として仕事をする中でも、勉強は欠かせません。そこで、継続的に学習する意欲と熱意があるかどうかが大事です。

また、鍼灸師は医師と変わらない医療職であり、冷静で的確な判断が求められるといえます。また、何ごとも客観的に判断できる力があるとより仕事に役立ちます。

一日に何人もの患者さんを相手にする体力

資格取得後、実際に鍼灸師として働き始めると、一日に何人もの患者さんを治療することになります。そこで、体力もとても重要になります。

必要なのは体力だけではありません。手の感覚を元にツボの位置を決めなければならないので、手先が器用で指先の感覚が鋭い人が向いていると言えます。