鍼灸師になるための学校

資格取得のために3年以上専門課程を受講

鍼灸師として治療院などで仕事をするためには、「はり師」や「きゅう師」の国家試験を受験し、国家資格を得る必要があります。

しかし、この国家試験は誰もが受験できるわけではありません。養成施設(鍼灸大学あるいは専門学校)で3年以上鍼灸に関する専門課程を修了することで、受験資格が得られます。

鍼灸大学は4年制、専門学校の養成機関は3年制となっており、日本全国に約80〜90の学校が存在します。(新設校・廃校があるため、年によって変動します)

「はり師」と「きゅう師」はそもそも別の国家資格ですが、養成学校では両方の勉強ができるところがほとんどであり、多くの学生がキャリアの可能性を広げるため、2つの国家資格取得合格を目指して学んでいます。

養成施設で学ぶこと

養成学校の鍼灸に関するカリキュラムでは、基礎はり学・きゅう学、臨床はり学・きゅう学などの専門分野を学びます。

また、人体の構造と機能や、疾病の成り立ち、疾病の予防及び回復の促進についてなど、健康・疾病についての基本的な内容も学びます。

鍼灸師に必要な専門技術や知識だけではなく、患者さんとのコミュニケーション能力を高めていくための授業も用意されています。

さらに、骨模型を使って、鍼灸の治療に欠かせない神経系・感覚器系・筋系の知識を学んだり、現場で実際に鍼灸の実習なども行います。

鍼灸大学に通う場合、専門学校よりも1年間在学期間が長いため一般的に学費はより多くかかりますが、大学卒業の学歴が得られることや、見聞を広げながら、比較的余裕を持って学べるといったメリットもあります。

学校ごとに特徴は異なるため、学校のカリキュラムなどを比較しながら、自分に合った学校を選びましょう。

あん摩マッサージ指圧師の資格取得は必要?

先に挙げたように、はり師ときゅう師は別々の国家資格です。

しかし、はり理論、きゅう理論以外の共通科目は、事前に申告しておけば同じ試験を2回受けることが免除されるため、はり師ときゅう師の国家試験を同時に受験する人がほとんどです。

また、あんま・マッサージ・指圧を行う「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格も併せて持っておくと施術の幅が広がるため、就職先の選択肢が増えたり、開業する際にも有利であるといわれています。

あん摩マッサージ指圧師の仕事

こういったことから、はり師やきゅう師の資格とともに、あん摩マッサージ指圧師の資格も取れる養成学校の人気が高まっているようです。