歯科衛生士のやりがい

患者さんからの「ありがとう」

どの職業に就いても言えることですが、仕事にやりがいを持つことは自分自身の人生の充実につながります。歯科衛生士として働くと、どのようなやりがいがあるのでしょうか。

やりがいを感じる瞬間は人それぞれですが、多くは、目標を達成したときや人から感謝の言葉をもらえたときでしょう。

歯科衛生士は子どもからお年寄りまで毎日幅広い年代の患者さんと接します。医師のサポート役として診療補助や歯周病・むし歯予防処置を通し、患者さんの口の中が改善されていくのを直接見ることができ、達成感を得ることができます。

歯科衛生士は診療の際に、患者さんとコミュニケーションを取るので、患者さんから「ありがとう」と直接言われる機会もとても多い職業です。

また、不安な表情をして来院した患者さんが、治療を終えて笑顔で帰る姿を見れることも歯科衛生士のやりがいとなります。患者さんの笑顔と感謝の言葉は、歯科衛生士として働く上で一番の支えになるでしょう。

ステップアップしていける

歯科衛生士は国家資格なので、一生ものです。歯科衛生士は歯科医院に勤めることが多いですが、大学病院や総合病院、保健所や福祉施設など活躍の場がさまざまあります。

たとえば、歯科医院で多くのお年寄りと接した経験を生かし、介護施設でケアマネージャーとして活躍する人もいます。

また、企業で歯ブラシやむし歯予防の製品の開発に携わったり、歯科衛生士を養成する衛生士学校で学生に指導するなど、ステップアップしていけるチャンスが多くあるのも、歯科衛生士の魅力です。

患者さんの笑顔と感謝を支えに、日々ステップアップしていけることが歯科衛生士のやりがいとなるでしょう。

仕事体験談