歯科衛生士の1日

フルタイムの歯科衛生士の1日

歯科衛生士の勤務先は、歯科医院・病院・保健所・老人保健施設など、さまざまあります。歯科医院への就職が一番多いので、歯科医院で働く衛生士の一日を紹介しましょう。ここでは、フルタイムで働く歯科衛生士を例に挙げます。

出勤~午前診療

出勤し、仕事着に着替え身だしなみを整えて仕事がスタートします。歯科医院のような医療機関では、特に清潔な院内環境が大切です。

患者さんが気持ち良く診療を受けられるよう、まず院内の清掃を行います。機材の準備もし、清掃が終わると予約の患者さんのカルテを見ながら、一日の仕事内容とスケジュールの確認をします。

1日の診療がスムーズに進められるよう、情報共有のため診療の開始前にスタッフ全員でミーティングを行う医院もあります。

診療が始まると患者さんを笑顔で迎えることが大切です。コミュニケーションをとりながら、口の中の状態を確認し、歯科衛生士は歯石の除去や歯ブラシ指導、フッ素塗布といった仕事をします。

昼休み~午後診療

午後の診療に備えてしっかりと昼休み休憩を取ります。歯科医院の昼休みは比較的長めなのでゆっくりと休めます。

診療が始まる5分前~10分前には、すぐ診療に入れるように準備をしておきます。午後は子どもや仕事帰りの患者さんも多く来院します。

歯科衛生士の仕事は午前の診療と同様ですが、夕方の時間は比較的混みやすいので、患者さんを待たせてしまわないよう迅速かつ丁寧に患者さん一人ひとり、口の中に変化がないかきちんと確認をします。

患者さんは不安を抱えて来院するので、作業ばかりに集中せず安心感を与える応対を常に心掛けなければなりません。手の空いたときは歯科医師の横に付いて診療アシスタント業務も行います。

診療終了〜帰宅

診療が終わるとスタッフ全員で後片付けと清掃を行い、歯科衛生士の一日が終了です。着替えて帰宅をします。

歯科医療は常に進歩しているため日々勉強が大切ですが、どんな状況でも患者さんの目線に立って気持ちを理解し笑顔で接することを忘れてはいけません。

仕事体験談