精神保健福祉士の1日

定時が基本の勤務形態

精神科病院に勤務する精神保健福祉士の場合、勤務形態は一日8時間労働で朝9時から夕方5時までというケースがほとんどです。

朝、出勤後、その日の業務の準備を済ませるとチームミーティングで一日の申し送りを行います。

日中はさまざまな相談業務のほか関係機関との連絡をし、退勤前にその日のデータ整理をしたり、医師や看護師への引き継ぎをします。

残業が発生することはそれほど多くなく、定時で帰れる日も多いようです。

精神科病院で入院病棟がある施設では、深夜の救急医療や夜間の診療を行なっているところもあり、スタッフとのチームミーティングが夜になる日もあります。

ただ、基本的に夜間当直がある精神保健福祉士は少ないようです。

というのも、当直が発生するのは福祉ホームや生活訓練施設といった社会復帰施設のなかでも限られた施設だからです。

幅広い「関連業務」

どの仕事にも共通していることですが、とくに精神保健福祉士の業務はきわめて範囲が広くなっています。

たとえば、社会復帰施設では、病院運営にまつわる事務や部署間の連携業務がかなりのウェイトを占めます。

また、行政機関では市町村や都道府県単位の連携を図る会議に参加したり、NPOなどが運営する自助グループへのサポート業務などがあります。

医療機関でも病院内のイベント運営や部署連携業務なども多く発生します。

これらの関連業務は一日の勤務時間のなかでも平均1、2時間を占めますし、地域の公民館や町内会活動が必要な場合は土日勤務となることもあります。

とにかく精神保健福祉士の一日は、業務の幅が広いため臨機応変な姿勢で積極的に仕事をこなしていくことがポイントとなります。

ある精神保健福祉士(心療内科デイケア勤務)の1日

08:00

出勤。院内の清掃や診療準備をして患者さんの受付スタート

08:25

朝礼。院長先生や看護師などと全体ミーティング

08:30

午前診療スタート。デイケアルームの準備やデイケアスタッフとのミーティング。プログラム企画や利用者さんの情報を共有する

09:30

デイケア利用者さんを出迎える。体操や体調確認をする。

11:30

デイケア利用者さんの昼食

12:00

昼休み。お弁当を職場で食べることが多い。スタッフ同士で会話することでリフレッシュにもつながる

13:00

午後の診療準備。デイケアプログラムのゲームや作業を一緒にする

15:00

利用者さんが帰るのを見送る。その後、担当の利用者さんに関する雑務やプログラム立案をする

17:00

残務処理をする

17:30

退勤。この日は市の精神保健福祉士に関する勉強会に参加。

仕事体験談