労働基準監督官採用試験の難易度、合格率、倍率

労働基準監督官採用試験の概要

労働基準監督採用試験の受験資格

労働基準監督官採用試験を受験するためには、次の受験資格を満たしていることが必要になります。

「労働基準監督官」になるためには、公務員試験の「労働基準監督官採用試験」に合格する必要があります。

1.受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳以上30歳未満の者。
2.受験年度の4月1日の時点の年齢が21歳未満の者で、次に掲げる者。
(1)大学を卒業した者および受験年度の3月までに卒業する見込みのある者。
(2)人事院が(1)と同等の資格があると認める者。

このように労働基準監督官採用試験では、年齢と大学卒業程度の学力レベルを受験資格として掲げられていますが、学部などはとくに制限されていないため、より多くの人がチャレンジすることができる試験となっています。

労働基準監督試験の区分

労働基準試験監督試験には、公務員として必要となる基礎的知識を問う基礎能力試験の他に、専門試験として文系科目か課される労働基準監督A、理系科目を課される労働基準監督Bといった区分で分けられます。

労働基準監督Aは、労働法、憲法、行政法、民法、刑法などの法律科目や経済学や社会学などが含まれるため、法学部生などにとっては理解しやすい内容が多く有利になるでしょう。

一方、労働基準監督Bは、労働事情の他、物理や応用数学、機械、電気分野などの工学に関する基礎知識が問われるため、やはり工学部生などが取組みやすく有利といえるでしょう。

1次試験に合格すると、2次試験として個別面接と身体検査が行われます。

労働基準監督官試験の難易度

公務員をめざす人は多く、労働基準監督官を目指す人も増加しています。そのため倍率は高く、また試験の難易度も上がる傾向にあります。

労働基準監督A、Bともに合格率は低く、難易度の高い試験です。そのため、試験合格には、相当の試験勉強対策が必要となります。試験勉強では、やはり過去問を徹底して理解し、基礎力をつけることが必要でしょう。

労働基準監督官採用試験に合格すると、そのまま職につけるかというと決してそうではありません。試験の上位合格者から採用されるシステムとなっているため、労働監督官の職につくには、試験に良い成績で合格することが必要となります。

労働基準監督官試験の合格率・倍率

労働基準監督官の申込者数、合格者数、合格倍率、男女比率

労働基準監督官採用試験申込者数の推移

労働基準監督官採用試験の申込者数は、若干減少傾向にあります。平成27年度の申込者数は3,872人、うち男性2,743人、女性1,129人となりました。
労働基準監督官採用試験申込者数_27_2

労働基準監督官採用試験合格者数の推移

労働基準監督官採用試験の合格者数は近年400人前後です。平成27年度の合格者数は417人、うち男性276人、女性141人となりました。なお、採用予定数は200人となっています。

労働基準監督官採用試験合格者数_27_2

労働基準監督官採用試験合格率の推移

平成27年度労働基準監督官採用試験の合格倍率は9.3倍となりました。

労働基準監督官採用試験合格倍率_27_2

平成27年度 労働基準監督官採用試験合格者男女比率

平成27年度労働基準監督官採用試験の合格者男女比率は男性66.2%、女性33.8%となりました。

労働基準監督官採用試験合格者男女比率_27_2

労働基準監督官A(法文系)の申込者数、合格者数、合格倍率、男女比率

労働基準監督官A(法文系)採用試験申込者数の推移

労働基準監督官A(法文系)採用試験申込者数は年によってばらつきがあります。平成27年度の申込者数は3,148人、うち女性は1,019人となりました。

労働基準監督官A(法文系)採用試験申込者数_27_2

労働基準監督官A(法文系)採用試験合格者数の推移

度労働基準監督官A(法文系)採用試験合格者数は近年ほぼ横ばいを推移しています。平成27年の合格者数は297人、うち男性188人、女性109人となりました。

労働基準監督官A(法文系)採用試験 合格者数_27_2

労働基準監督官A(法文系)採用試験合格倍率の推移

平成27年度労働基準監督官A(法文系)採用試験合格倍率は10.6%となりました。

労働基準監督官A(法文系) 採用試験合格倍率_27_2

平成27年度 労働基準監督官A(法文系)採用試験合格者男女比率

平成27年度労働基準監督官A(法文系)採用試験合格者男女比率は、男性63.3%、女性36.7%となりました。

労働基準監督官採用A(法文系)試験合格者男女比率_27_2

労働基準監督官B(理工系)の申込者数、合格者数、合格倍率、男女比率

労働基準監督官B(理工系)採用試験申込者数の推移

労働基準監督官B(理工系)採用試験申込者数は前年度増加したものの、平成27年度の申込者数は724人に減少しました。

労働基準監督官B(理工系)採用試験申込者数_27_2

労働基準監督官B(理工系)採用試験合格者数の推移

x労働基準監督官B(理工系)採用試験合格者数は前年度より多少増加し、平成27年度の合格者数は120人、うち男性88人、女性32人となりました。

労働基準監督官B(理工系)採用試験合格者数_27_2

労働基準監督官B(理工系)採用試験合格率の推移

平成27年度労働基準監督官B(理工系)採用試験合格倍率は6.0%となりました。

労働基準監督官B(理工系)採用試験合格倍率_27_2

平成27年度 労働基準監督官B(理工系)採用試験合格者男女比率

平成27年度労働基準監督官B(理工系)採用試験合格者男女比率は、男性73.3%、女性26.7%となりました。

労働基準監督官採用B(理工系)試験合格者男女比率 _27_2

平成27年 労働基準監督官採用試験の概要

試験日 ・第1次試験:平成27年6月7日(日)
・第2次試験:平成27年7月15日(水)〜7月17日(金)
試験地

第1次試験

札幌市、仙台市、秋田市、東京都、新潟市、名古屋市、金沢市、大阪市、松江市、広島市、高松市、松山市、福岡市、熊本市、鹿児島市、那覇市

第2次試験

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市

受験資格 1.昭和60年4月2日~平成6年4月1日生まれの者
2.平成6年4月2日以降生まれの者で、次に掲げるもの
(1)大学を卒業した者及び平成28年3月までに大学を卒業する見込みの者
(2)人事院が(1)に掲げる者と同等の資格があると認める者
試験科目

第1次試験

<共通>
◇基礎能力試験(多肢選択式)
公務員として必要な基礎的な能力(知識及び知能)についての筆記試験
出題数は40題
知能分野 27題
 (文章理解11、判断推理8、数的推理5、資料解釈3)
知識分野 13題
 (自然、人文、社会13(時事を含む。)

<労働基準監督官A(法文系)>
◇専門試験(選択式)
48題出題、40題解答
必須 12題
 労働法7、労働事情(就業構造、労働需 給、労働時間・賃金、労使関係)5
選択 次の36題から28題選択
 憲法、行政法、民法、刑法16、経済学、 労働経済・社会保障、社会学20

◇専門試験(記述式)
2題出題、2題解答
労働法1、労働事情(就業構造、労働需給、 労働時間・賃金、労使関係)1

<労働基準監督官B(理工系)>
◇専門試験(選択式)
46題出題、40題解答
必須 8題
 労働事情(就業構造、労働需給、労働時 間・賃金、労使関係、労働安全衛生)8
選択 次の38題から32題選択
工学に関する基礎(工学系に共通な基礎 としての数学、物理、化学)38

◇専門試験(記述式)
4〜6題出題、2題解答
必須 工業事情 1題
選択 工学に関する専門基礎(機械系、電気 系、土木系、建築系、衛生・環境系、応用 化学系、応用数学系、応用物理系等の工 学系の専門工学に関する専門基礎分野) から3~5題出題し、うち1題選択

第2次試験

◇人物試験
人柄・対人的能力などについての個別面接
◇身体検査
主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿、その他一般内科系検査

合格発表 ・第1次試験:平成27年6月30日
・第2次試験:平成27年8月25日
採用予定人数 ・労働基準監督A(法文系) :約160名
・労働基準監督B(理工系) :約 40名
最終合格者数 ・労働基準監督A:298名(平成26年度)
・労働基準監督B:90名(平成26年度)
合格倍率 ・労働基準監督A:13.4倍(平成26年度)
・労働基準監督B:11.2名(平成26年度)
詳細情報 厚生労働省 労働基準監督官採用試験