臨床工学技士の需要と求人・採用募集状況

臨床工学技士の需要

臨床工学技士の需要は、今後どの病院でも増えていくことが予想されます。

それというのも、医療機器の進歩はめざましく、機器の取り扱いに関する専門的な知識がなければ医療事故につながってしまう可能性が高いからです。

医療事故のリスクを回避するために、臨床工学技士に対する期待は高まる一方です。今後も専門知識を備えた臨床工学技士の需要がなくなることはないでしょう。

就職先

臨床工学技士の就職先や活躍できる領域としては、国立病院、大学病院、公立病院、市立病院、民間病院、クリニック、企業(メーカーや商社など)、教員職、研究職などがあり、各現場で臨床工学技士の求人が出されています。

基本的に、景気に左右されない資格ですが、就職先としては病院関係が大半を占めます。

企業勤務や教育の道に進む人は、まださほど多くありません。

採用募集状況

臨床工学技士を募集する病院などでは、

・心臓カテーテル業務や人工心肺業務などを行う手術室の求人
・人工透析やアフェレーシスなどの血漿吸着を行う透析業務
・人工呼吸器の取り付けや設置などを行う人工呼吸器業務
・医療機器全般の検査・管理・修理などを行う医療機器業務

といった業務内容の求人が多く見受けられます。

今後も、求人数は増加が見込まれます。臨床工学技士の資格は医療業界ではまだ新しい資格であり、新規で採用を検討する病院施設などが多いことが背景にあります。

とくに、昨今は医療事故の増加が叫ばれていますが、実際に医療事故が起こってから臨床工学技士を雇う施設もあります。

ますます安全性に重点が置かれる医療現場において、臨床工学技士を求めるケースが増えています。

ステップアップするには

臨床工学技士として病院で何年か業務経験を積めば、次のステップアップとして「臨床工学技士認定制度」が受験できます。

こちらは国家資格ではありませんが、多岐に渡る臨床工学技士の業務の専門性を重視し、知識をより深める目的で作られた認定制度です。

認定資格を取得することにより院内での仕事の幅が広がったり、転職時に有利になったりすることがあります。