臨床工学技士になるには

国家資格を取得する

臨床工学技士になるためには、臨床工学技士国家試験に合格することが必要です。

この国家試験は誰でも受験できるものではありません。高校卒業後、臨床工学技士養成課程がある大学や短大または専門学校で3年以上学び、指定科目を修了することで、受験資格を得ることができます。

また、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師いずれかの養成校を卒業している場合には、1年間専門科に通うことで受験資格を取得できます。

そのため、看護師と臨床工学技士の両方の資格を持っている人も数多くいます。

→→臨床工学技士国家試験の難易度、合格率

おもな就職先

国家資格を得ると、臨床工学技士として働けるようになります。

臨床工学技士の就職先は、診療所(透析クリニック)が多いですが、公立病院や民間の一般的な病院での求人もあります。

医療機器の保守点検が義務付けられ、臨床工学技士のニーズが高まっている一方、有資格者の数はまだそれほど多くないため、就職先は比較的見つけやすい状況です。

このほか、医療機器メーカーなど一般企業に就職する人もいます。

臨床工学技士に求められるもの

機械が好き

最新の機器が次々と開発されている領域です。機械のことが好きで、機器の操作が苦手でない人が求められます。新しい機器について学ばなければならないため、好奇心が強い人が望ましいでしょう。

注意深い

ほんの小さな操作ミスでも、人の命に関わる危険性がある仕事です。注意深く、高い集中力を発揮できる性格の人に向いているといえます。

臨床工学技士の現状と今後の見通し

医療機器の高度化

医療機器はますます高度化し、専門化が進んでいます。従来は医師も生命維持管理装置を管理していましたが、最近ではより専門的な知識を有している臨床工学技士に任せるケースが増え、臨床工学技士が果たすべき役目はより重いものになっています。

生活習慣病の増加

生活習慣病が増えており、透析患者も増加している状態です。人工透析装置を操作、管理できる臨床工学技士が多くのクリニック等で求められています。