臨床検査技師のやりがい

命を救う手助けができる

臨床検査技師は知名度もそれほど高くなく、看護師や医師に比べたら目立たない役割ではありますが、検査に関しては医師よりも詳しいですし、医療の現場に不可欠な存在です。

自分が行った検査によって病気を見つけることができ、それが人の命を救うことにつながる、やりがいのある重要な仕事です。

病院勤務で患者さんと接する機会がある技師の場合、患者さんから感謝の言葉をいただき、それがやりがいにつながることもあるでしょう。

検査センターで働く技師は患者さんと接する機会はありませんので、直接感謝を伝えられることは少ないかもしれません。

しかし、病院であろうが検査センターであろうが検査によって人の命を救う手助けをしていることには変わりがありません。

成長を実感できる

たとえば、検査センターでの検体検査は、毎日同じように検査をするだけだと思われるかもしれませんが、日によって検査の項目、検体数は違うので計画的に行わなければ時間内に終えることができません。

初めは検査手順を覚えるだけで精一杯で、ただただ数をこなすだけという感じかもしれませんが、こなしていくうちにコツがわかり、手技も上達し、より迅速に結果を出すことができるようになります。

スムーズに検査を行うための作業手順を自分で考えたり、検査コストを減らす方法を考えたりもします。よりよい方法を考えて実行していくのは面白いものです。

学校では教わらなかったことにもたくさん直面し、そのたびに自分の知識が増えていくのを実感できます。

経験を積み、知識を増やせばそれだけいろいろな発見がありますし、小さな異常にも気付くことができるようになります。

やりがいというのは人それぞれですし、自分で見出すものですが、自分自身の成長を日々実感できるということはきっとやりがいとなることでしょう。