臨床検査技師の志望動機・例文

臨床検査技師の志望動機のポイント

裏方として病院では目立ちにくい臨床検査技師も医療現場で活躍するスタッフの一員であることに変わりはありません。

検査をしている人というイメージであれば黙々と仕事をこなしていけばいいという印象を持つ人もいるかもしれませんが、採血検査や尿検査、心電図検査や超音波検査といった場面で患者さんと直接コミュニケーションを取る機会もあります。

また、臨床検査技師の第一の仕事は、医師の診断に大きく影響する検査結果を報告することです。医師や看護師、その他の医療職や事務スタッフのみんなと「チーム医療」を進めているのだという自覚が必要です。

病院というと医師は医師、看護師は看護師など、それぞれが独自に仕事をこなしているとイメージがあるかもしれませんが、医療が高度化し、専門性が高くなるにつれて、チームの連携がいっそう重要になってきています。

こういったことから、臨床検査技師には、人間性の豊かさや患者さんや病院のスタッフとコミュニケーションを取る力が求められるようになりつつあります。

就職試験に応募する際、履歴書をはじめ志望理由書を提出することになりますが、このコミュニケーション能力について上手に触れた志望動機を作成することがポイントとなるかもしれません。

応募するときの志望動機の例

貴病院は救急指定病院として24時間体制で地域の患者様の治療に当たられています。救急患者を必ず助けるのだという病院の使命のもと、常に信頼を重んじる姿勢で患者様と接している姿に感銘を受けました。

在学中、アルバイトとして地域の病院で臨床検査助手と看護助手をしていました。患者様と接する機会も多く、その経験を通して患者様と直接ふれあう大切さを学びました。

患者様とのコミュニケーションを大切にしている貴病院は地域でも大変評判が高く、私も臨床検査技師として患者様の立場にたった仕事をして役立つことができればと思います。

現在は、臨床検査技師の国家試験に臨み準備を続けておりますが、将来的には細胞検査士の資格も取得して貴病院で幅広く活躍したいと考えて、貴病院を志望いたします。