臨床検査技師の1日

臨床検査技師の1日の過ごし方は、職場や担当部門によって異なります。

ここでは、代表的な職場における大まかな1日の流れを紹介します。

病院勤務の場合

08:30 出勤

朝、出勤したら機械を立ち上げます。

09:00 業務開始

その後は部門によって変わってきますが、生理機能検査であれば患者さんの心電図検査、エコー検査、呼吸機能検査等を行ったり、検体検査であれば血液や尿等を自動分析器にかけたりします。

一部の検査は手作業で行います。当番制で採血を行うこともあります。検査結果が出たら報告。その繰り返しです。

12:30 休憩

昼休みは交代でとります。

13:30 午後の業務開始

午後も午前と同様の業務をこなしていきます。

17:00 片付け準備

検査結果報告書をまとめたり、機器の洗浄をしたりします。

17:30 業務終了

きちんと定時で上がれる日もありますが、業務終了後に勉強会があったり、学会の資料を作成したりすることもあります。

また、緊急検査に対応するために当直をすることもあります。

検査センター勤務の場合

08:50 出勤

出勤したら機械を立ち上げます。

09:00 業務開始

病院から送られてきた検体の中から自分の担当部門の検体をとり、自動分析器にかけます。一部の検査は手作業で行い、検査結果が出たら報告します。

12:00 休憩

病院同様、昼休みは交代でとります。

13:00 午後の業務開始

午後も午前と同様の業務を行います。

18:00 勤務終了

業務終了後に勉強会が入ることもあります。

病院とは異なり、当直はないものの夜勤を行う場合があります。夜勤は職場によって交代制(例えば1週間毎に夜勤)の場合もあれば、ある人は昼勤のみで、ある人は夜勤のみと完全に分かれている職場もあります。

検査以外の業務

どの職場においても、検査以外に行わなければならないこともあります。

たとえば、機械のメンテナンスや検査試薬の在庫管理、試薬作製、外注業務(病院で検査できない項目を検査センターに検査してもらったり、検査センターで検査できないものを他の検査センターで検査してもらったりするために検体の準備をして送る)など、検査を円滑に行うために不可欠な作業があります。

これらは検査の合間や検査終了後に行います。