プログラマーの需要と就職・採用募集状況

就職のチャンスはたくさんある

プログラマーは、IT業界のなかでも常に安定した需要を保っています。

ITの進歩によりシステムのニーズが増え、また多様化していることによって、この先もプログラマーの需要が大きく減ることは考えにくいでしょう。

これからの世の中は、ますますITがないと成り立たないという背景があるからです。

そのようななか、プログラマーはIT系の企業だけでなはく、家電業界、自動車業界、ゲーム業界と数え上げたらキリがないほど多岐にわたる場所で活躍することができます。

これからプログラマーを目指していく人にとっても、就職のチャンスはたくさんあるといえるでしょう。

プログラマーの就職状況

若い世代(20代〜30代前半)の働き盛りといえる年代の就職状況は、とても活発なようです。

ただし、IT業界の技術者はやはり実務経験やスキルが重視されるため、未経験のプログラマーとなると、なかなか難しいところではあります。

実際、就職の状況を見てみても、経験者が優遇される傾向にあります。

どの企業も教育コストを抑えてすぐに活躍できる「即戦力」になれる人を採用したがっており、このような傾向になるのは致し方がないと考えておいたほうがよいでしょう。

一方、最近は人手不足に悩む企業が増えていることから、未経験者でも年齢が若ければ、就職できる可能性は十二分にあります。

若手の発想やバイタリティが生かせる仕事でもあることから、企業が若者を積極的に育てる流れが出てきているのも事実です。

未経験者を受け入れる企業であっても、年齢が高くなると就職は厳しくなってしまうようです。

現在の採用募集状況

このように、プログラマーの需要は大きく、常に採用募集が出ている状態といっても過言ではありません。企業によって求める人物像は異なりますが、「熱意」はどこにいくとしても求められます。

どの企業でも「新しい知識を欲する」「新しいことに挑戦する」「自己啓発を積極的に行う」などの、いわゆる自己マネジメントができる人間を採用する傾向が強いようです。

とにかく、IT業界は変化が激しいため、このような意欲がなければあっという間に置いていかれてしまいます。

たゆまぬ努力を続ける意欲、そしてチャレンジ精神がある人であれば、経験や現時点のスキルはあまり気にせず就職ができるでしょう。

仕事体験談