パタンナーの志望動機・面接

志望動機

パタンナーの志望動機は、洋服のデザイナーやバイヤーなど他職種を目指す人と同様、「洋服が大好きで、洋服に関わる仕事がしたい」というものが中心となっています。

とくにパタンナーの場合、自ら手を動かして洋服を作る実感が味わえるため、ものづくり全般が好きな人や、趣味として洋裁をしていた人なども多くいるようです。

志望動機は人それぞれ違って構いませんが、アパレル企業に就職する場合、多くのライバル会社がある中から「なぜ、その会社(あるいはブランド)がいいのか」ということをしっかりと語れるようにしておくべきです。

自分なりの観点で語ることで、自らの価値観やセンス、感性を表現することもできます。

個性も比較的重視されやすい業界であるため、世間一般のイメージや「何となく」といった曖昧な言葉ではなく、自分なりの考えや意志をきちんと持っているほうがプラスに評価されるようです。

就職試験・面接

志望動機は、たいてい就職試験の際の面接で聞かれます。履歴書等の書類に記入することもありますが、口頭で話す機会のほうが多くなるでしょう。

なお、パタンナーの就職試験では、面接といっても一般的な質疑応答だけではなく、ポートフォリオ提出や実技試験など、さまざまな方法で合否が審査されることが多くなっています。

そのほか、一般常識を問う筆記テストや小論文、適性検査等を実施する企業もあります。そして、大手企業になると面接を一次、二次、最終など、複数回にわたって実施するケースも珍しくありません。

こうして、本物の情熱があるか? パタンナーとしての基礎レベルは一定に達しているか? などをあらゆる角度からチェックされます。

パタンナー職の採用数はさほど多くなく、「どうしてもこの仕事に就きたい!」と強い意志を持ったライバルの間での戦いとなるため、しっかりと準備をして臨まなければ合格は難しいといえそうです。