音楽療法士のつらいこと、大変なこと、苦労

認知度はまだまだ低い

音楽療法士は、もともとアメリカで発展してきた職業です。

日本でも近年、医療業界や福祉業界などで音楽療法を取り入れるケースが増えてきていますが、まだ職業としての音楽療法士の認知度はさほど高くないのが実情です。

そのため、音楽療法士として働きたいと思っても、望むような就職ができなかったり、低時給のアルバイトやボランティアスタッフとしての募集しか見つからないという声もよく聞かれます。

せっかく専門的に音楽療法を学んでも、働く場所が限られてしまっていることは、現在の音楽療法士を取り巻く課題といえるでしょう。

日本での音楽療法の研究は年々進んでいるため、これから状況は変化していくものと考えられますが、まだしばらくは厳しい状況が続くかもしれません。

こうしたことから、今の段階では音楽療法士を専業にしている人はあまり多くありません。

さまざまな人と接する難しさ

音楽療法を行う際は、患者さんや利用者さんの年齢や状態などに応じて、事前にプログラムを立てて進めていきますが、実際には思い通りにならないことが多々あります。

相手は人間ですし、一人ひとり個性や価値観も異なります。いくら自分が「こうしたい!」と思っても、なかなか相手が心を開いてくれなかったり、拒絶されることもあります。

計画していた通りにプログラムが進まないと、「自分の何がいけないのだろう…」と、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

経験を重ねるうちに、その場の状況に応じて臨機応変に動けるようになるものですが、新人のうちは悩むこともたくさん出てくるはずです。

しかし、どんな場合でもあきらめずに根気強く、相手と真摯に向き合っていく気持ちを忘れてはなりません。

音楽療法士になるためには、音楽療法の知識はもちろん、病気や障害についての知識や心理学など、学ぶべきことが多々ありますが、身に付けてきたことを現場で生かし、多くの人を元気にする喜びを一度味わえば、つらいこともきっと忘れられるはずです。