競艇選手(ボートレーサー)に向いている人、適性

スポーツ経験者で、運動能力の高い人

やまと学校の入学試験をみると、第1次の体力試験は、握力、背筋力、立位体前屈、上体そらし、垂直跳びの5種目になっています。

そして、第2次試験は、体力試験が1500m走、開脚体前屈、乗艇姿勢、関節柔軟、上体おこし、腕立て伏せ、50m走、反復横とびの8種目。

適性試験が、操縦、全身反応力、教練、処置判断、手腕作業、速度見越し、横と縦の動体視力、目と手の協応動作、深視力、心理判断、作文の12種目です。

やまと学校の入学条件として、身長、体重制限もあります。こうみると、競艇選手(ボートレーサー)の卵として求められている人材は、小柄で体力があって運動能力が高く、状況への対応力のある者だということがわかります。

ボートの操作には腕力や体重移動など、体全身を上手に使いこなす必要があるので、強靭な肉体を保つことも必要な能力といえます。

若い頃から、モーターボートを操縦して慣れているという人は少ないでしょうから、モーターボートの経験は問われません。

ということは、中学、高校の部活や地域クラブで、何らかのスポーツを継続し、それなりに運動能力の高い人が、ボートレーサーには向いているといえそうです。

逆にいえば、スポーツ経験者で、それなりに運動能力の高い人でなければ、競争率の高い入学試験を突破することは難しいでしょう。

状況や環境に合わせて対応しようとするタイプ

ボートレースは、男女混合のレースが行われ、女性レーサーも男性と対等に活躍しています。これは、体力や運動能力が高いだけでは、ボートレーサーとして活躍できないことを示しています。

まず、ボートを操るテクニックが問われます。また、その日の風や波の状況、マシンの状態、他のレーサーの特徴などを分析する力も問われます。

これら条件の違いに応じて、レース展開を読む一方、現実のレース展開に対応していかなければなりません。分析力や対応力、視野の広さ、さらには瞬時の判断力も必要です。

もちろん、こうした能力は、実際のレースを経験しながら身につけるものです。

しかし、バスケットボールや陸上競技といった部活でも、単にプレーをするだけのタイプより、さまざまな状況や環境を考えて対応しようとするタイプの方が、ボートレーサーには向いているといえます。

負けん気や諦めない気持ちは当たり前

勝負ごとですので、負けん気や最後まで諦めない気持ち、チャレンジャー精神の持ち主が向いていることは、言うまでもありません。

やまと学校への入学試験でも、何度も不合格になりながらチャレンジを続け、やっと合格した人も少なくありません。

レース中、接触事故を起こして命を落とす選手もいるくらいですので、勝負に勝つためには勇気も必要となってきます。