競艇選手(ボートレーサー)の給料・年収・賞金

競艇選手(ボートレーサー)の収入の仕組み

年収は、実力ランクによって格差がある

競艇選手(ボートレーサー)の数は、2020年5月の時点で1607名です。

うち223名が女性ですが、競艇では、男女に関係なくレースに出場します。

男女含めた平均年収は、ボートレースの公式HPによると約1500万円(2018年時)となっています。

ボートレーサーは、成績によって上位からA1、A2、B1、B2の4クラスに分けられています。

クラスが上になるほど、グレードの高いレースに出場でき、レースへの出場回数も多くなって年収も高くなります。

前述のHPによれば、ランク別の平均年収は、次の通りです。

・A1ランク(約320人):平均年収3,000万円
・A2ランク(約320人):平均年収1,800万円
・B1ランク(約700人):平均年収1,100万円
・B2ランク(約250人):平均年収 500万円
※2018年時

優勝賞金の金額は?

優勝賞金の最高額は、グランプリ(賞金王決定戦)の1億円です。

ただし、このレースは別格で、レースのグレードや予選か、準優勝戦か、優勝戦かによっても違います。

優勝賞金は、グレードが最上位のGS戦で1600万〜3500万円、GⅠ戦で450万〜1000万円、GⅡ戦で400万円、GⅢ戦で100万円、一般戦で64万〜84万円となっています。

レースごとに、着順によっても賞金がもらえます。賞金額は順位によって細かく設定されており、予選、準優勝戦、優勝戦と進むごとに高くなっていきます。

賞金以外の収入は?

ボートレーサーの収入は、着順によって得られる賞金のほかにもあります。

たとえば、各地で開催されているレースに参加したら日当、宿泊費、開催地までの交通費などです。

ほかにも、レースに出場することで出走手当、賞金が出ない4着以下でも完走すれば、完走手当がもらえます。

さらに、ナイターレースや、荒天時のレースに対してもそれぞれ手当てが支給されます。

こうした手当てがあることで、ランクが低い選手でも収入を得ることができます。

ただし、実力をつけて上のランクに行かない限り、高収入は望めない厳しい世界であることに変わりはありません。

競艇選手(ボートレーサー)の平均年収・収入

全ボートレーサーの平均年収は約1500万円です。(2018年時)

しかし、前述の表のようにランクによって平均年収には大きな差があり、A1ランクの選手とB2ランクでは、平均年収でも2500万円差です。

B2ランクでも平均年収は約500万円と決して安くはない上、平均在籍年数も28年と長いのが特徴のボートレーサーですが、勝負の世界です。

しっかりとした実力をつけて活躍を続けない限り、良い収入は得られません。

競艇選手(ボートレーサー)のトップ選手の年収

完全に実力の世界であるボートレーサーでは、A1ランクの選手だと年収1億円を超える人もいます。

2019年度では、獲得賞金額1位の石野貴之選手が2億2564万2666円でした。

また、ランキング10位までに入った選手が獲得賞金1億円を超えていました。

2019年の女性の獲得賞金額トップは、大山千広選手の5683万6000円で、男女全体でも約1600名中の30位でした。

競艇選手(ボートレーサー)の待遇の特徴

競艇選手には、引退選手に対する退職金や年金の給付、負傷した選手に対する休業補償などを行う団体として、日本モーターボート選手会があります。

1960年に元々地区ごとに存在した選手会を統合する形で発足しました。

年金や退職金などの詳しい規定に関しては明かされていませんが、一定の年数をボートレーサーとして活動した選手には、引退時に退職金が支払われ、さらに年金が給付される仕組みが用意されています。

また、ボートレーサーはケガや死亡事故のリスクと常にとなりあわせの職業です。

ボートレーサー本人とその家族に対する補償、救済の役割を担っているのが、日本モーターボート選手会となります。