競艇選手(ボートレーサー)になるには

競艇選手(ボートレーサー)になるまでの道のり

ボートレーサー養成学校に入学する必要がある

競艇選手(ボートレーサー)は、国家資格です。

ボートレーサーになるには、資格検定試験に合格する必要があります。

資格検定試験は、だれでも受験できますが、ボートレーサーの養成学校である「ボートレーサー養成所」で1年間の訓練を受けなければ、合格は難しいです。

ボートレーサーになるには、実質的に、福岡県柳川市にある「ボートレーサー養成所」に入学し、1年間、授業や訓練を受けることが唯一のルートとなっています。

ボートレーサー養成所は、年に2回の入学式(4月入学と10月入学)があります。

ただし、入学試験の倍率は、40倍前後とかなり高いです。

ボートレーサー養成所の受験資格

やまと学校の受験資格は、次の通りです。

・15歳以上30歳未満で、入学時に中学を卒業していること
・身長:175cm以下
・体重:男子は47.0kg以上57.0kg以下
女子は42.0kg以上50.0kg以下
・視力:裸眼で両眼とも0.8以上(コンタクト・フェイキックIOL「有水晶体眼内レンズ」手術は不可)
・弁色力:強度の色弱でないこと
・聴力その他の健康状態:選手養成訓練に支障のない者
<その他>
・禁固以上の刑に処さられたもの及びモーターボート競走法に違反して罰金以上の刑に処せられた者
・選手養成訓練中に成績不良又は素行不良により養成を取りやめられた者
・反社会勢力との関係が疑われる等モーターボート競走の公正を害するおそれがあると認められるに足りる相当の理由のある者のいずれにも該当しない者

とくに、身長、体重、視力について確認が必要です。

ボートレーサー養成所の入学試験

一般試験は、第1次(学科と体力試験)、第2次(身体検査、適性試験、体力試験)、第3次(面接、身体検査、適性検査)の3回あります。

学科試験のレベルは中学校卒業程度、実技試験は4泊5日の宿泊合宿内で行われます。

基準をクリアし、試験に合格するとやまと競艇学校で競艇選手としての基礎を学ぶようになります。

なお、中学、高校、大学などのスポーツ活動で優れた実績をおさめた者を対象に、「スポーツ推薦試験」もあります。

第1次試験が、人物試験だけで学科と体力試験が免除されます。

競艇学校(ボートレーサー養成所)の難易度・合格率

競艇選手になるまでのルート

競艇選手(ボートレーサー)になるための学校

ボートレーサー養成所での学校生活

やまと学校での研修期間は1年間で、全寮制です。

男性は丸刈り、女性はショートカットが義務付けられています。

携帯電話は、持ち込み禁止です。

週に1度だけ、公衆電話が利用できますが、電話の前に長い列ができることもあります。

ただし、手紙は自由に出せるため、親や兄弟と手紙のやりとりをする生徒もいます。

本人はもちろん、親や兄弟にとっても、手紙はとても新鮮らしいです。

学費は、食費や養成費の一部として月10万円かかっていましたが、2017年から無償化されました。

それ以外にもヘルメットやジャージの購入費、雑費がかかります。

学校生活は、午前6時の起床から午後10時の消灯まで分刻みのスケジュールで管理されています。

「礼と節」という教訓の下、礼儀や態度、行動まで厳しく指導されます。

また、定期的に身体検査と体重測定が実施され、身体面もきめ細かく管理されます。

そのため、学校の雰囲気になじめず、途中で挫折する生徒もいるようです。

ボートレーサー養成所での授業と試験

授業は、学科、実技、その他に分けられます。

学科ではボートレース関連の法律からエンジンについて、操縦学、整備学、気象学などで、年間約280時間勉強します。

実技は操縦と整備で、年間約1500時間勉強します。

その他としてメンタルトレーニングや徳育、現地訓練などが年間約140時間あります。

バーベキュー大会や雲仙普賢岳登山、マラソン大会に加え、父兄参観やテーブルマナー講習、地元イベントへの参加など、訓練時代の思い出となる催しも実施されています。

入学から4ヵ月後に、進級試験があります。

全7科目中、60%未満の科目が3科目あれば退学となります。

また、年4回の班別試験(中間や期末テストのようなもの)があり、得点率が20%に満たない場合は退学です。

さらに、訓練生同士のレースで、勝率が著しく低かったり、事故率が高いと退学になります。

約40名の入学生のうち、挫折をせず、卒業できるのは30名前後です。

体力と精神力が必要になりますが、厳しい環境の中で生活をするため訓練生同士の友情も芽生えやすいといいます。
1年間の厳しい生活を終え、ボートレーサーの資格検定試験に合格し、ボートレーサー養成所を卒業できれば、晴れてボートレーサーとなれます。

資格検定試験の合格率は、ほぼ100%となっています。

競艇選手(ボートレーサー)に向いている人

ボートレーサーに向いている身体的特徴

ボートレーサー養成所の入学条件として、身長、体重制限もあります。

競艇選手(ボートレーサー)の卵として求められている人材は、小柄で体力があって運動能力が高く、状況への対応力のある者だということがわかります。

ボートの操作には腕力や体重移動など、体全身を上手に使いこなす必要があるので、強靭な肉体を保つことも必要な能力といえます。

若い頃から、モーターボートを操縦して慣れているという人は少ないでしょうから、モーターボートの経験は問われません。

ということは、中学、高校の部活や地域クラブで、何らかのスポーツを継続し、それなりに運動能力の高い人が、ボートレーサーには向いているといえそうです。

逆にいえば、スポーツ経験者で、それなりに運動能力の高い人でなければ、競争率の高い入学試験を突破することは難しいでしょう。

ボートレーサーに向いている精神的特徴

勝負ごとですので、負けん気や最後まで諦めない気持ち、チャレンジャー精神の持ち主が向いていることは、言うまでもありません。

ボートレーサー養成所への入学試験でも、何度も不合格になりながらチャレンジを続け、やっと合格した人も少なくありません。

レース中、接触事故を起こして命を落とす選手もいるくらいですので、勝負に勝つためには勇気も必要となってきます。

競艇選手(ボートレーサー)に向いている人・適性・必要な能力

競艇選手(ボートレーサー)のキャリアプラン・キャリアパス

競艇は毎日のようにレースが開催されていて、週末や祝日には、全国の10会場以上でレースが開催されていることもあります。

選手のランクはA1、A2、B1、B2の4つのランクに分かれており、A1が最上位のランク、B2が最下位のランクになります。

レースに勝つことでランクが上がり、年収や獲得賞金、参加できるレースや人気も大きく変わってきます。

勝利を重ねてランクを上げ、最上位ランクであるA1を目指していきます。

そして年間8回行われるSG競争、特に年末に行われる優勝賞金1億円のビッグレース、グランプリに優勝することは、すべてのボートレーサーの目標です。

女性でも競艇選手(ボートレーサー)になれる?

ボートレースは、男女関係なく、同じレースに出場します。

男女が、同じ条件で対等に戦える数少ないスポーツです。

体力や筋力では、確かに男女差がありますが、それをテクニックや経験で補い、勝利をあげる選手も少なくありません。

なお、女性レーサーの体重制限は、男性が50.0kg以上であるのに対し、47kg以上となっています。

ボートレーサーになるための「ボートレーサー養成所」の受験資格は、男子47.0kg以上57.0kg以下、女子42.0kg以上50.0kg以下となっています。

さらに、女性レーサーだけで争うレースも開催されています。

意地とプライドをかけて張り合う女性専用レースは人気が高いです。

賞金女王決定戦は、優勝賞金が1000万円となっています。

賞金獲得ランキング上位12人だけに出場権があり、女性レーサーのあこがれの舞台となっています。

女性が競艇選手(ボートレーサー)になるには? 結婚後の生活は?

競艇選手(ボートレーサー)を目指せる年齢は?

ボートレーサー養成所を受ける年齢は15歳以上30歳未満となっています。

そのほかの条件を満たしているならば、30歳までボートレーサー養成所の試験を受けることが可能です。

ただし、第2次試験の受験回数は5回(欠席・辞退含む)までとなっているため、実質的に受験できる回数には限りがあるといえます。