競艇選手(ボートレーサー)になるには

ボートレーサー養成学校に入学する必要がある

競艇選手(ボートレーサー)は、国家資格です。ボートレーサーになるには、資格検定試験に合格する必要があります。

資格検定試験は、だれでも受験できますが、ボートレーサーの養成学校である「やまと学校」で1年間の訓練を受けなければ、合格は難しいです。

ボートレーサーになるには、実質的に、福岡県柳川市にある「やまと学校」に入学し、1年間、授業や訓練を受けることが唯一のルートとなっています。

やまと学校は、年に2回の入学式(4月入学と10月入学)があります。ただし、入学試験の倍率は、40倍前後とかなり高いです。

やまと学校の受験資格

やまと学校の受験資格は、次の通りです。

・15歳以上30歳未満で、入学時に中学を卒業していること
・身長:175cm以下
・体重:男子は47.0kg以上57.0kg以下
    女子は42.0kg以上50.0kg以下
・視力:裸眼で両眼とも0.8以上(メガネ、コンタクトは不可)
・弁色力:強度の色弱でないこと
・聴力その他の健康状態:選手養成訓練に支障のない者

とくに、身長、体重、視力について確認が必要です。

やまと競艇学校

やまと学校の入学試験

一般試験は、第1次(学科と体力試験)、第2次(身体検査、適性試験、体力試験)、第3次(面接、身体検査、適性検査)の3回あります。

学科試験のレベルは中学校卒業程度、実技試験は4泊5日の宿泊合宿内で行われます。基準をクリアし、試験に合格するとやまと競艇学校で競艇選手としての基礎を学ぶようになります。

なお、中学、高校、大学などのスポーツ活動で優れた実績をおさめた者を対象に、「スポーツ推薦試験」もあります。第1次試験が、人物試験だけで学科と体力試験が免除されます。

やまと学校の学校生活

やまと学校での研修期間は1年間で、全寮制です。男性は坊主頭、女性はショートカットが義務付けられています。携帯電話は、持ち込み禁止です。

週に1度だけ、公衆電話が利用できますが、電話の前に長い列ができることもあります。ただし、手紙は自由に出せるため、親や兄弟と手紙のやりとりをする生徒もいます。

本人はもちろん、親や兄弟にとっても、手紙はとても新鮮らしいです。

学費は、食費や養成費の一部として月10万円かかります。それ以外にもヘルメットやジャージの購入費、雑費がかかります。

学校生活は、午前6時の起床から午後10時の消灯まで分刻みのスケジュールで管理されています。「礼と節」という教訓の下、礼儀や態度、行動まで厳しく指導されます。

また、定期的に身体検査と体重測定が実施され、身体面もきめ細かく管理されます。そのため、学校の雰囲気になじめず、途中で挫折する生徒もいるようです。

やまと学校での授業と試験

授業は、学科、実技、その他に分けられます。学科ではボートレース関連の法律からエンジンについて、操縦学、整備学、気象学などで、年間約280時間勉強します。

実技は操縦と整備で、年間約1500時間勉強します。その他としてメンタルトレーニングや徳育、現地訓練などが年間約140時間あります。

バーベキュー大会や雲仙普賢岳登山、マラソン大会に加え、父兄参観やテーブルマナー講習、地元イベントへの参加など、訓練時代の思い出となる催しも実施されています。

入学から4ヵ月後に、進級試験があります。全7科目中、60%未満の科目が3科目あれば退学となります。また、年4回の班別試験(中間や期末テストのようなもの)があり、得点率が20%に満たない場合は退学です。

さらに、訓練生同士のレースで、勝率が著しく低かったり、事故率が高いと退学になります。

約40名の入学生のうち、挫折をせず、卒業できるのは30名前後です。体力と精神力が必要になりますが、厳しい環境の中で生活をするため訓練生同士の友情も芽生えやすいといいます。

1年間の厳しい生活を終え、ボートレーサーの資格検定試験に合格し、やまと学校を卒業できれば、晴れてボートレーサーとなれます。資格検定試験の合格率は、ほぼ100%となっています。