国家公務員の総合職と一般職の違い

国家公務員には、大きく「総合職」「一般職」「専門職」の3種類に分けることができます。

このうち、専門職に関しては、その名の通り「刑務官」や「国税専門官」など特定の行政分野に係る専門的な知識を必要とする事務を担う職員のことをいいますが、総合職と一般職に関しては、いまちい違いがわからないという人もいるかもしれません。

両者の違いを考えるにあたって、まずはそれぞれの特徴や役割から見ていきましょう。

「キャリア官僚」になる総合職

国家公務員総合職は、将来の幹部候補生として中央省庁やその出先機関で働きます。

採用試験は大卒以上のハイレベルなものとなっており、一般的に「キャリア官僚」と呼ばれる人たちは、総合職として採用された国家公務員のことをいいます。

総合職の職員は、政策の企画・立案や高度な知識、技術を必要とされる重要なポストを担い、ゼネラリスト的な思考を持った、行政のプロフェッショナルとしての活躍が期待されます。

事務処理などを担当する一般職

国家公務員一般職は、各府省において、主に事務処理などの定型的な業務を担当します。

簡単にいえば、政策の企画・立案を行う総合職に対し、その政策を実際に運用していくのが一般職の役割だといえます。

採用試験は高卒者でも受けることができ、総合職よりは難易度もやさしいとされています。

異動や昇任について

国家公務員には異動がありますが、総合職と一般職では異動の範囲が異なります。

総合職の場合、日本全国が移動範囲となり、職務によっては海外勤務を命ぜられることもあります。また、2~3年という比較的短いスパンでの異動が多いことも特徴です。

一方、一般職の場合は原則として採用された管区内での異動となっています。

昇任に関しても、総合職と一般職では考え方が異なります。

リーダーになることが期待される総合職の職員は、幅広い見識を身に付けるため、若いうちから異動を繰り返しながら多様な職務を経験し、スピーディーに昇任を目指します。

本省の課長級以上の役職は、ほとんどが総合職の職員で構成されています。

一方、一般職の職員の場合は、比較的ゆっくりとしたペースで年功序列での昇任が普通です。役職の上限は、課長補佐クラスまでとされています。

このように、国家公務員といっても、総合職と一般職では期待される役割から働き方まで違いがありますが、どちらも国をよりよくするために活躍する存在であることに違いはありません。