管理栄養士になるには

まずは栄養士免許の取得を目指す

管理栄養士になるには、まず「栄養士」の資格を取得して、その後、管理栄養士国家試験に合格する必要があります。

栄養士の免許を取得するためには、国が指定した「栄養士養成施設」もしくは「管理栄養士養成施設」で学び、卒業することが必須です。

ここからは、なるための具体的な方法について見ていきましょう。

栄養士養成学校と管理栄養士養成学校

栄養士養成学校には、「4年制大学」「3年制の短大・専門学校」「2年制の短大・専門学校」があり、いずれも卒業と同時に無受験で栄養士免許が取得できます。

ただし、管理栄養士国家試験を受けるためには、免許取得後に国が定める施設で一定期間(1~3年)の実務経験を経なければなりません。

なお、ここでいう「一定期間」に関しては、「4年制大学の場合は1年以上」「3年制短大・専門学校の場合は2年以上」「2年制短大・専門学校の場合は3年以上」となっています。

管理栄養士養成学校は、4年制大学・専門学校があります。そこでは栄養士養成学校と同様に、卒業と同時に栄養士の免許が得られ、さらに実務経験なしで管理栄養士国家試験の受験も可能となっています。

管理栄養士国家試験受験のためのルート

1.栄養士養成施設を卒業し、栄養士として実務経験を積む。
・2年制の専門学校・短大 → 実務経験3年以上
・3年制の専門学校 → 実務経験2年以上
・4年制の専門学校・大学 → 実務経験1年以上

2.4年制の管理栄養士養成課程を修了する。

1のルートは、最短でも5年かかってしまうため、最初から管理栄養士を目指すのであれば2のルートのほうが早く取得をすることができます。

また、働いていると勉強の時間が確保しにくいこともあり、管理栄養士養成課程から現役で国家試験を受験する場合のほうが、合格率がはるかに高くなっています。

管理栄養士国家試験の難易度、合格率

国家試験合格後

国家試験に合格すると、管理栄養士免許が取得できます。その後は就職先を探していよいよ管理栄養士としてのキャリアがスタートします。

管理栄養士は、栄養士よりも就職面で有利です。一定規模以上の施設は、管理栄養士の必置が義務付けられているところがあるためです。

給与面でも有利になるため、栄養士ではなく、管理栄養士の養成課程を選択する人も多くなっています。

管理栄養士の就職先として一番多いのは病院や福祉施設になりますが、企業、行政施設、保育園など活躍の場は幅広くなっています。

最近は病院や福祉施設へ給食を提供する給食会社への就職も増えています。

就職先によって仕事内容も変わってくるため、どんな仕事に深く携わりたいのかを考える必要があるでしょう。

雇用形態は、給料や待遇のことを考えると正社員(常勤)が理想的ではありますが、他にも非常勤やアルバイトなど、さまざまなものがあります。

人気のある職場では正社員での就職がとても難しい場合もあるため、まずは非常勤で実務経験を積み、キャリアアップを目指して転職する人もいます。

管理栄養士に求められる能力

食に対する専門性

管理栄養士は、栄養士よりもより高度で専門的な仕事になります。国家試験の難易度も高く、食事や栄養に対して情熱があり、勉強熱心であることが求められます。

指導力

比較的大きな組織で働くことが多く、関わる人数も増えるため、指導力があり、責任感が強い人が望ましいと言えます。

管理栄養士の現状と今後の見通し

食に対する意識の高まりから、管理栄養士を求めるところが増えてきています。

一方、管理栄養士の国家試験の受験人数も増加している傾向にあり、管理栄養士の資格を持ちながら、栄養士と同じ仕事をするという状況も出てきています。

しかしながら、生活習慣病の予防などにおいても非常に重要な役割を担う管理栄養士の需要は、今後も高まっていくと思われます。