女性の海外営業

こんな女性には向いている

海外営業は、もちろん男性でも女性でも同じように活躍することができる仕事です。

近年は営業職に就く女性も増えており、そのなかで世界を舞台にバリバリと働く女性の海外営業も大勢います。

海外営業に向いているのは、まず異文化コミュニケーションに興味がある人や、語学力を活かした仕事がしたい人です、

海外営業の仕事では、頻繁な海外出張や、場合によっては海外赴任になることもあり、担当する国の文化や国民性、習慣などへの理解も必要です。

そして、異なる価値観を持つ人たちと外国語を使って会話し、商談や交渉をしていかなくてはなりません。

簡単な仕事ではありませんが、海外と仕事をすることに強い興味がある女性であれば、海外営業にも前向きに挑戦できるでしょう。

女性ならではの苦労は?

女性の海外営業が増えてきたといっても、会社によっては、まだ男性中心の職場となっていることもあるようです。

そのため、同じ女性同士で仕事の悩みを相談し合うことができなかったり、周囲に女性ならではの感情を理解してもらうのが難しいと感じることもあるかもしれません。

また、海外出張などが立て続けに入ると、移動距離や時差の関係もあって体力を消耗します。

男性でも海外営業の仕事はハードだと話す人がいますが、体力のない女性はもっとクタクタになるかもしれません。

さらに、慣れない国で生活する不安や、外国の人たちと意思の疎通がうまくいかないときはストレスも感じやすいため、精神的なタフさも求められてきます。

人柄や熱意が重要

海外営業の仕事では、専門知識以上に、まず人柄が大事だといわれています。

前向きでアグレッシブ、誰とでもポジティブに会話ができるようなタイプの人は歓迎されやすいでしょう。

加えて、人の気持ちを汲み取ることに長けていたリ、周囲に気遣いができるような女性は、海外営業としても活躍できるはずです。

高い英語力や外国語のスキルがあれば有利になりますが、最初は熱意でカバーできる部分もあるといわれるため、あきらめずに挑戦してみてほしいものです。