助産師の将来

少子化がすすむ日本社会では、分娩数そのものが減少しており、本来の助産師の役割である「(正常な)分娩の介助」の機会は減っています。

それに伴い、産科や助産院など、出産のための施設も閉鎖が続き、一見、助産師の活躍の場はなくなってきているように思えます。

確かに、分娩数とそれに伴う介助の数は少なくなっていますが、違う角度から現代社会を見た時に、助産師は今、新しい役割を担う存在として注目されています。

産婦人科医の減少

分娩数の減少により、現在、小児科医、産婦人科医を目指す医師が減ってきています。

これは、まず対象となる「乳幼児・小児」の数が少なく、大病院でも医師の求人数が少なく、また開業したとしても経営が成り立たないというのも理由のひとつかもしれません。

このような「産婦人科医の減少」を補う手段として、助産師が妊婦の健診、指導を行う「助産師外来」は注目されています。助産師外来の普及は、助産師の資格を活かせると同時に、助産師の地位向上にもつながります。

核家族化

昔は、大家族の中、縦のつながりが強く、子供が他の兄弟の面倒を見たり、子守をする機会がありました。しかし、現代は核家族化がすすみ、自分自身が出産するまで、“赤ちゃん”に接したことのない人がたくさんいます。

また、子育てについて教えてくれる親と離れて暮らす人が多くいます。そのような環境の中での妊娠、出産、育児は、不安や悩みを持ちながらも、誰に相談したらよいかもわからないもの。

そんな、妊産婦さんの話を聞き、適切なアドバイスをすることが、これからの助産師には更に求められてくることでしょう。

社会への働きかけ

助産師がお世話をするのは、妊娠をした女性だけではありません。出産にまつわる、性の話、避妊や家族計画の話は、社会全体で正しく理解し、大切な命を守っていかなくてはいけません。

そこで助産師は、その知識を活かし、学校においての性教育指導や、成人に対する家族計画指導など、保健指導者としての役割も求められています。同時に、出産を終えた女性の身体の変化に関する相談や指導など、人の一生に携わる活動をしています。

確かに、子供の数、出産数は年々減少していますが、それだけ「社会」が、子供を守ろうという意識も高まっています。

また、働く女性の出産・育児環境の整備が進み、女性が仕事を持ちながら(キャリアを積みながら)も安心して子供が生める社会になれば、出生率は増加すると思います。

そのための活動を行っていくのも、これからの助産師の役割だと思います。

仕事体験談