助産師に向いている人・適性

「人の命」と向きあう強い精神力

助産師の仕事に向いている人は、やっぱり子供(赤ちゃん)が好きで、かわいい赤ちゃんの誕生に関わる仕事をしたいと思う人…と言いたいところですが、それだけでは不自由分です。

もちろん、赤ちゃんが好きなことはとても大事な要素です。「赤ちゃんを思う心」なしに、助産師の仕事は成り立ちません。

「人の誕生」という神秘的で尊厳のある瞬間をサポートする助産師の仕事はとても素晴らしいし仕事です。しかしながら、残念なことに「人の誕生」はいつも幸せな場面ばかりとは
限りません。時には悲しいことや、不幸なこともあり、ただ単に「赤ちゃんが好きだから」だけでは勤まらない場面にも出くわすことでしょう。

そんな中でも「人の命」に真摯に向き合える強い精神力が必要となってきます。

体力

また、お産は妊婦さんにとっても、助産師にとっても体力のいることです。

いつ始まるかわからない出産、長時間続く陣痛、その間、助産師は長い緊張感に包まれながら仕事をします。長時間の出産への立ち会いが連続することもあり、勤務時間に関係なく、出産介助を続けることが必要です。

夜勤もあり、体力がなければ務まらない仕事です。

温かく柔らかい心

強い心と身体、そしてもうひとつ助産師に求められるのは「温かく柔らかい心」です。助産師がお世話をする妊婦さんは、病院に訪れはしますが、妊娠は「病気」ではありません。

人間に備わった「命をつなぐ」という古来からの営みを行う自然な現象です。ですから、助産師が行うことは、妊婦さんの力を最大限に活かせる環境を整えることとなります。

しかし、病気ではないと言え、妊婦さんは自分の体や、お腹の中の赤ちゃんについてさまざまな不安を抱えていますし、実際に母体には負担がかかり、妊娠が原因で体調を崩す人もいます。

そのような妊婦さんの話に耳を傾け、そっとお腹に手を当て安心感を与えることで、妊娠に対する不安を取り除くのが助産師に求められている最大の役割です。

ですから、助産師に向いているのは、人の話に優しく耳を傾け、柔らかい態度でうけとめ、温かい心で包めることができる人が向いています。

などと書くと難しく思えますが、要は妊婦さんと赤ちゃんを思いやる心を持ち、妊婦さんの心と体に優しく寄り添える人が助産師に向いていると言えます。

仕事体験談