柔道整復師に向いている人、適性

手先の器用な人

柔道整復師は骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを治療します。

治療は手術をしないで人間の治癒能力を利用して固定や整復といった手法で治療を行っていきます。

病院であれば包帯を巻いたりといった仕事は看護師が行う仕事です。

しかし、患部に当て木を当てたりギブスで固定したり、またはテーピングするなどの作業は専門的な知識のもとに柔道整復師自身が行わなくてはなりません。

そのため柔道整復師は手先の器用さが求められます。また、つねに自分の体をつかって施術を行うため、体力も必要な要素です。

たしかな技術を身につけており、かつ体力がある人が柔道整復師に向いているといえるでしょう。

患者さんとコミュニケーションが取れる人

医療従事職といわれる職種はいろいろありますが、柔道整復師は他の職種に比べて、比較的長く患者さんと関わることが多い職種です。

柔道整復師の治療は人間の治癒能力を利用して固定や整復といった手法で治療を行うため、治癒するまでに時間がかかったり、ときには長期化する場合もあるからです。

その間、患者さんの様子をみながら適切な指導を行っていかなくてはなりません。

患者さんに対して正しい指導をするには患者さんの日常生活にも触れることになりますから、柔道整復師の仕事は患者さんとの信頼関係を築くことが大切です。

患者さんが感じている細かな不快や違和感などの話を聞いて、そして目で見て、触れて患者さんの様子を感じ取って治療をしていくのです。

そのため患者さんとコミュニケーションを取る力は、柔道整復師には必須といっていいでしょう。

幅広い年齢の人に対応できる人
近年、柔道整復師はさまざまな場所でニーズが高まっており、接骨院や病院に勤める以外に介護保険関連施設、スポーツ関連施設、健康関連施設などでも働く人も多くいます。

とくに高齢化した現在の日本では、介護保険関連施設での筋力強化のための機能訓練指導などが望まれています。

柔道整復師の仕事は幅広い年齢の人と接し、また職場もさまざまな領域に広がってきているので、柔軟な対応ができる力が要求されます。