柔道整復師に必要なこと、求められるもの

医学的な知識と、患者さんとのコミュニケーション

柔道整復師は、日々さまざまな症状を抱える患者さんと接しますが、症状の診断にあたっては医師のようにレントゲンなどの機器を使ったり、投薬や手術といった外科的な治療を行うことはできません。

柔道整復師が患者さんの症状を判断する方法は、もっぱら「問診・視診・触診」といったやり方になります。

まず、患者さんとしっかりコミュニケーションをとり、「いつ、どこで、どのような症状が起こったのか」ということから確認していく必要があるのです。

そのため、柔道整復師は患者さんと真剣に向き合って、相手を観察する力が求められます。

もちろん、そこから症状を導き出していくためには医学的な知識も必須ですから、勉強をしなくてはなりません。

しかし、いくら豊富な知識があっても患者さんと良いコミュニケーションがとれないようでは、適切な施術を行っていくことはできないということを、しっかりと理解しておく必要があります。

思いやりをもって、施術に全力を尽くすこと

柔道整復師は、いかなるときも患者さんの思いに寄り添える人であるべきです。

「人対人」で患者さんと向き合う仕事だからこそ、他人に対する思いやり、優しさといった感情がとても大切です。

技術をもって身体を治すのはもちろんですが、相手の落ち込んでいる心まで元気にしてあげることができてこそ、プロの柔道整復師だといえるでしょう。

整骨院や病院には、毎日大勢の患者さんが来院されます。

実際、一人の患者さんと接する時間はほんのわずかになることもありますが、どれだけ忙しくても気を抜かず、その時間に全力を尽くしていくことが大切です。

実際、高齢の患者さんの中には、柔道整復師との毎日のちょっとした会話を生きがいにしているような人もいます。

「人を喜ばせたい」「患者さんの悩みや苦しみを少しでも楽にしてあげたい」という気持ちを忘れずにいれば、必ず患者さんから信頼される柔道整復師へと成長していけるはずです。