ゲームプログラマーの現状と将来性

徐々に変わりつつあるゲーム業界

今までゲームプログラマーというと、労働条件が悪くても志望者が多いため、あまり大事にはされてこなかったという実情があります。もちろん全てがこのような状況ではありませんが、一部あったのは事実です。

これは、日本特有の文化で、海外ではあまり考えられない状態でした。要は「専門性の強い職は大事にされる」という文化が日本に乏しかったのです。

ですが、上記のようなことを繰り返した結果が、ゲーム業界が衰退しているという状況を招いている一因であると気付き、ゲームプログラマーを大事にする企業も増えてきています。

ですので、これまでよりも待遇が改善する可能性があります。

新しい試みが多くある

ゲーム業界全体が衰退していると叫ばれています。現在は何とか面白いゲームを作ろうとがんばっている最中といえます。

任天堂がWiiを発表して世の中に衝撃を与えました。Wiiのきっかけはゲームが苦手な方がコントローラーと一緒に身体が動いてしまうという特性からヒントを得て作ったハード機です。

このように、アイディア勝負ができ、さらには常に面白いものを作ろうと新しい試みを多くする業界でもあります。こういったところにも、まだまだ将来性があり、期待感も持たせてくれる世界だと言えます。