データサイエンティストの活躍の場

Web系の企業で働く人が多い

データサイエンティストの多くは、企業に所属して働いています。

IT化が進んだ現代社会においては、さまざまな業界の企業が大容量のデータ、いわゆる「ビッグデータ」を扱い、そのデータをうまく生かしながらビジネスを展開しています。

そのような中、ビッグデータを扱えるデータサイエンティストの需要は年々高まっており、大量にデータが存在する環境であれば、どこでもデータサイエンティストが活躍できる場はあるといえます。

データサイエンティストの活躍がとりわけ目立つのが、ECサイトやソーシャルゲームなどのサービスを展開するWeb系の企業です。

これらの企業において、データサイエンティストは、たとえばサイトに訪問したユーザーの行動分析等を行ったり、サイトの離脱ポイントを特定したりします。

そうすることによって、よりユーザー満足度が高く、売上アップにつながるように、サービスを改善していくのです。

Web系以外の業種でも活躍できる

データサイエンティストが活躍できるのは、Web系企業だけではありません。

近年は、どの産業においてもデジタル化が進んでいるため、多様な業界でデータサイエンティストが必要とされるケースが増えています。

たとえば、自社で大量のデータを扱う製造業や広告代理店、監査法人などの金融系をはじめ、クライアントのデータを分析しするコンサルティング会社やSIerにおいても、データ分析を専門に行う部署を置く企業が出てきているようです。

データサイエンティストへの注目度が増している今、データサイエンティストに必要とされる「ITスキル」「統計解析スキル」「ビジネススキル」等の専門知識を備えた人材が活躍できる場は、さらに増えていくものと考えられます。