ケースワーカーの志望動機・面接

志望動機

ケースワーカーの志望動機として多いのは、「人のために役立つ仕事がしたい」というものです。

人と接する仕事はさまざまありますが、とりわけケースワーカーは社会福祉の最前線で、困りごとを抱える地域住民に対して相談援助業務を担います。

精神的、肉体的、社会的に困難を抱える人を支援し、その自立のお手伝いをしたい。こうした気持ちによって、ケースワーカーという職業に興味を持つ人が多いようです。

ケースワーカーには福祉に関する幅広い知識・理論が求められますが、専門性を発揮することで世のために活躍できる仕事です。

なお、一般的に「ケースワーカー」と呼ばれる人の勤務先は、福祉事務所を中心とする公的機関となります。

身分は地方公務員となるため、その安定した待遇や社会的地位を魅力のひとつに感じ、この仕事を志す人もいるようです。

面接

ケースワーカーになるためには、社会福祉主事の任用資格を取得したうえで、各自治体の地方公務員採用試験を受験し、採用される必要があります。

この試験では筆記に加えて面接も行われており、たとえ筆記に合格しても面接のできが悪ければ不合格ともあるため、しっかりと準備をして臨むことが大切です。

なお、ケースワーカーの仕事は、自治体によって社会福祉に関する職種として募集されることもあれば、一般行政職としての場合もあります。

とくに、いわゆる事務職となる後者で採用された場合、さまざまな仕事があるため、必ずしも社会福祉主事として配属されるとは限りません。

そのような中、面接はケースワーカーに対する熱意をアピールする場にもなります。

志望動機をきちんと整理しておき、いつ問われても冷静に伝えられるようにしておくことが大切です。