客室乗務員採用試験の難易度、合格率・倍率

倍率は100倍を超えることも

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は人気の高い職業です。一昔前よりも倍率は下がったと言われますが、それでも数10倍以上、ときには100倍を超えることもあります。

大手の航空会社の採用試験には、募集人数が500名程度のところに1万人以上の受験生が集まることも珍しくはありません。

小さな航空会社では応募者が減りますが、その分採用人数も少ないのが普通です。10名〜50名程度ということもあるため、倍率は大手とさほど変わらないこともあります。

倍率にこだわらないことが大切

しかし、単純に「倍率が高い=難しい」と考えるのはもったいないと言えます。特に、客室乗務員は特に女性にとって昔から憧れの職業であるため、“記念受験”をする人もいるのだそうです。

そうなれば必然的に倍率は上がりますが、もちろんそのような人はさほど対策をしていないため、早い段階で振るいにかけられます。

本当に情熱があり、しっかりと試験対策をしている人であれば、どれだけ倍率が高い試験でも合格できる可能性は高まります。目先の数字だけに惑わされず、自分の意思を貫き通すことが何よりも大切です。

試験のポイントをしっかり押さえよう

客室乗務員の採用試験では、英語力などいくつもの応募資格があります。まずはそれらの情報をしっかりとチェックし、基準から外れていないか確認しましょう。また人柄重視の試験であるため、面接試験では絶対に失敗できません。

幸い、客室乗務員は試験に関する対策本やスクールが多数ありますので、それらを上手に活用して試験に臨むとよいでしょう。