客室乗務員の採用倍率はどれくらい?

倍率は100倍を超えることも

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は人気の高い職業です。
採用倍率は数十倍以上、ときには数百倍を超えることもあります。

大手の航空会社の採用試験には、募集人数が500名程度のところに1万人以上の受験生が集まることも珍しくはありません。

小さな航空会社では応募者が少なくなりますが、その分採用人数も少ないため倍率は大手とほぼ変わりません。

一時期に比べ倍率は下がる傾向に

航空業界は学生に依然人気が高く、ある調査では文系女子の就職人気企業ランキングでANA(全日空)は1位、JAL(日本航空)は2位という結果が出ています。

このように人気の業界であれば、客室乗務員も高倍率となると考える人も多いでしょう。

しかし近年、客室乗務員の採用の状況は少しずつ変わり始めています。

LCCの就航により業界全体の客室乗務員の採用人数が増加したため、各社が学生の確保に必死になり始めています。

近年は航空会社が自ら大学に出向き学生との接点を増やしたり、客室乗務員の体験をしてもらったりするようになっています。

企業によっては1000人単位で客室乗務員を採用するところもあり、客室乗務員を目指す人にとってはこれまでにないチャンスといえます。

高倍率でもあきらめない

しかし、依然として客室乗務員を目指す人が多いことに変わりはありません。

「倍率が高い=客室乗務員になるのは難しい」と考えるのはもったいないことです。

客室乗務員は特に女性にとって昔から憧れの職業であるため、記念受験をしたり、他の職業と併願したりする人も多いのが実情です。

必然的に倍率は上がりますが、もちろんそのような人はさほど対策をしていないため、早い段階で振るいにかけられます。

本当に情熱があり、しっかりと試験対策をしている人であれば、どれだけ倍率が高い試験でも合格できる可能性は高まります。

目先の数字だけに惑わされず、自分の意思を貫き通すことが何よりも大切です。

試験のポイントをしっかり押さえよう

客室乗務員の採用試験では、英語力などいくつもの応募資格があります。

まずはそれらの情報をしっかりとチェックし、基準から外れていないか確認しましょう。

また人柄重視の試験であるため、面接試験では絶対に失敗できません。

幸い、客室乗務員は試験に関する対策本やスクールが多数ありますので、それらを上手に活用して試験に臨むとよいでしょう。

自分に合った航空会社を選ぶ

客室乗務員を目指す場合、とにかく航空業界に入りたいがために、大手から小さな航空会社までさまざまな企業を受ける人も多くいます。

しかし、企業が求める人物像と自分がマッチしていなくては、採用されることはありません。

大手・地方の航空会社、また外資系エアラインでは、同じ客室乗務員でも求められるものが大きく異なります。

各企業の特徴や理念などをしっかりと踏まえた上で、自分がどのような客室乗務員になりたいのかをしっかりと考え、どの航空会社の客室乗務員として働きたいのかをじっくり考えましょう。