客室乗務員の志望動機・自己PR・面接で気をつけるべきことは?

客室乗務員を目指すきっかけで多いものは?

客室乗務員を目指すきっかけで多いものは、客室乗務員へのあこがれです。

機内でさっそうと働く客室乗務員を見て憧れたという人や、実際に客室乗務員の接客を受けて感動したという人、ドラマや映画・本などを見て客室乗務員を目指し始めたという人が多いようです。

また、接客のプロであることから、多くのお客さまと関わる仕事がしたい、語学力を生かして働きたいという人が客室乗務員を目指す人も多いようです。

客室乗務員の志望動機の考え方

「海外が好き」や「いろいろな国に行ける」などを志望理由とする人もいるかもしれませんが、それだけでは不十分だと思われる可能性があるので注意が必要です。

どんなに成績が優秀な人であっても、面接官は客室乗務員に対する熱意がない人を採用したいとは考えません。

客室乗務員の志望動機を考える際は、他の志望者と差をつけるためにもできるだけわかりやすく具体的なエピソードを添えて自分の思いを伝えることが大切です。

試験官は受験生のことを詳しく知らないため、どれだけ客室乗務員への強い想いを持っていても、それが上手に伝えられなければ意欲がないと思われてしまう可能性もあります。

自分では良い出来だと思っていても、初めて読む人には伝わらないこともあるため、できるだけ多くの人にチェックしてもらいながら精度を高めていくと良いでしょう。

客室乗務員の志望動機の例文

自身の経験をもとにした志望動機

「私は、幼い頃から御社の飛行機を利用していました。

小学校2年生のとき、初めて飛行機に乗ることになりましたが、高いところが苦手だった私は、怖くなって大泣きしてしまいました。

そのとき、一人の客室乗務員が私のところへやってきて優しい笑顔で話しかけてくれ、その後は飛行機が大好きになりました。

今度は私が多くの人々に喜びを与えたいと思い、客室乗務員を目指しています。

特に御社の「チャレンジ」という精神に強く共感し志望しました。

自分も客室乗務員として、どんどん新しいことにチャレンジしていきたいと考えています。」

客室乗務員の魅力を盛り込んだ志望動機

「私が客室乗務員を目指す理由は、お客さま一人一人に合ったサービスをしているからです。以前御社の飛行機に乗った際、機内で泣いてしまった小さな子どもを客室乗務員が一生懸命あやしている姿に感銘を受けました。

本来は客室乗務員の仕事ではないのかもしれませんが、困った両親や周囲のお客様の状況を見て子どもに対応した接客力は素晴らしいと思いました。

御社は航空業界でも満足度ランキング1位を何度も獲得しているのは、このような客室乗務員一人ひとりの質の高さだと考えています。

私も客室乗務員になれたら、接客のプロとしてお客さまそれぞれに合ったサービスの仕方を考えていきたいです。」

自分の夢や目標を盛り込んだ志望動機

「私は海外からくるお客様に対し、日本のすばらしさを伝えたいと思っています。

以前海外に住む親せきが日本に来たとき、客室乗務員のサービスの質が素晴らしかったと聞き、日本では当たり前の接客が海外からは高く評価されているのだと知りました。

このことから客室乗務員の仕事に興味を持ち、海外の人へより日本の魅力を伝えられる仕事をしたいと思うようになりました。

客室乗務員になれたら、国際線でも活躍できる客室乗務員になれるよう精いっぱい努力したいです。」

客室乗務員の面接で聞かれること・注意点

客室乗務員の面接でのポイント

客室乗務員の採用試験では、面接試験が必ず実施されます。

1次面接(グループ)、2次面接(個人)、最終役員面接…といったように、複数回実施する会社もあります。

面接試験は合否を判断する重要なポイントと言えるため、入念な対策が欠かせません。

チェックされるポイントはたくさんありますが、まずは「言葉遣い」です。

敬語をはじめ、普段から正しい日本語が使えるようにしておくだけでなく、立ち姿、座り姿についても気を付けましょう。

また客室乗務員の面接では、スーツの選び方や髪形、メイクなども重要だと言われています。

参考書籍やスクールを利用すれば、それらについて詳しい情報も得られますので、しっかりと対策して臨みましょう。

面接試験では、緊張するかもしれませんが、客室乗務員に笑顔は欠かせません。

明るく、ポジティブな印象を残すように心がけましょう。

熱意と前向きな姿勢が伝われば、少しくらい言葉に詰まってしまっても構いません。

客室乗務員の面接で聞かれること

客室乗務員採用試験の面接で多い代表的な質問と、その意図や答えのポイントについてご紹介します。

なぜ、客室乗務員になりたいのですか?

志望動機の確認です。

マニュアル的な答えをするよりも、自分の体験などに基づき、オリジナルの言葉で語れることが望ましいです。

仕事の華やかな部分だけでなく、厳しい部分などまで踏み込んだ答えができていると、「しっかりと仕事について調べているな」と思われるでしょう。

他社の併願、内定状況を教えてください

第一志望かどうかを確認する質問です。

採用担当者は、学生がその1社のみしか受験していないとは思っていません。

しかし、もしその企業が第一志望ではなかったとしても、「他に第一志望がある」とわかるような答え方は避けましょう。

これまでの人生で一番頑張ったことは何ですか?

その人の個性や、どんな価値観を持っているのかについて確認する質問です。

部活動などで仲間と一緒に努力を重ねたことや、接客のアルバイトから学んだ経験など、客室乗務員の仕事にも通じるような答えができるとベターです。

最近、気になるニュースは何ですか?

世の中の動きに気を配っているかどうかの確認です。

客室乗務員はどのようなお客さまとも会話ができるよう、日常的にニュースをチェックする必要があります。

どのようなニュースを選んだ場合でも、そのニュースに対して自分なりの意見や考えを言えるようにしておきましょう。

客室乗務員の自己PRのポイント

接客のプロである客室乗務員の自己PRでは、接客力やコミュニケーション能力の高さをアピールするのがよいでしょう。

自分の思いやりや気遣い・気づきから生まれたエピソードや、他人から感謝されたことなどを積極的にアピールしましょう。

また、客室乗務員の面接では1分や3分など短時間での自己PRが求められることもあるため、時間内にしっかりと自分の思いを話せるようあらかじめ練習しておくことが必要です。

客室乗務員の履歴書で気をつけるべきことは?

客室乗務員は志望者が多いため、採用担当者は何百通、何千通もの履歴書に目を通すことになります。

その中で目にとめてもらうためには、パッと見ただけでわかりやすく、読みやすい履歴書です。

文字の大きさやバランスにも気を付けることはもちろん、読みやすさには適度な改行や空白も有効なため、自分なりに工夫をするとよいでしょう。

また、履歴書に添付する写真も重要です。

客室乗務員として働くときをイメージした、まとめ髪で笑顔の写真を使用する人が多いようですが、履歴書の写真は第一印象を大きく左右するため、しっかりと写真館で撮影してもらうことをおすすめします。

自分で作成した志望動機に自信が持てない人は、新卒の場合はキャリアチケットを利用することで、志望動機の添削や面接対策を無料で行ってもらうことができます。

客室乗務員の採用事情に詳しい担当者が、志望動機の添削や模擬面接までしてくれるため、内定獲得率をアップさせることができます。

最短3日で内定を獲得した人もいるなど、実績も十分であるため、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。