客室乗務員のやりがい・楽しさ・魅力

客室乗務員のやりがい・楽しさ

お客さまのニーズに応えられたとき

飛行機には毎日たくさんのお客さまが搭乗し、その年齢や国籍、飛行機の利用目的も異なります。

小さな子どもと体の不自由なお年寄りでは、求めるサービスも違うため声かけの仕方も変えなくてはなりません。

機内で提供するサービスは多岐に渡るため、すべてのお客さまに満足していただくのは至難の技と言えますが、客室乗務員はそれを目指して日々努力しています。

お客さまの要望に応えられ喜ぶ顔が見られると大きなやりがいを感じます。

安全にフライトを終えられたとき

機内では天候不良やお客さまの体調不良など、さまざまなトラブルが起こります。

客室乗務員は常に安全確認を怠らず、ほかの客室乗務員と協力しながら機内やお客さまの異変をチェックし、さらにパイロットや整備士と協力しながら誰もが安心できるフライトが実現します。

フライト中は緊張感があるからこそ、無事に目的地に着いたときには達成感ややりがいが感じられます。

業務の幅が広がる仕事

客室乗務員といえば飛行機内でのサービスのイメージが一般的ですが、航空会社によっては地上勤務も経験できる場合があります。

本社の企画や広報など別の部署で働き、再び上空の仕事に戻るといった形です。

小さな航空会社ではアットホームなサービスをウリとするところも多く、客室乗務員の意見を企画会議などで積極的に取り入れ、新たなサービスが生み出されることもあります。

また、一定の業務と訓練を重ねて「チーフパーサー資格」を取得すれば、客室乗務員のリーダー的な立場で、機内サービスのコーディネートができるようになります。

このように、客室乗務員は熱意次第で携わることができる業務の幅がどんどん広がります。

客室乗務員の仕事内容

客室乗務員の魅力

奥深いサービスの仕事

客室乗務員という仕事は一言では語りつくせないほど奥が深いものです。

サービスには「正解」がなく、その場の状況やお客さまの態度などから「どのように行動すれば喜んでもらえるか?」を臨機応変に考える必要があります。

どれだけマニュアルを熟知し仕事を覚えたとしても、客室乗務員を続けている限り、サービスの追究には終わりがありません。

もちろん、保安要員としての仕事も重要です。

いかなる事態にも冷静に対応できるよう、日々の訓練と勉強で自分自身の知識を高めていく必要があります。

客室乗務員の仕事は奥深く、単純ではないからこそ魅力を感じられるのです。

お客さまの反応がダイレクトに感じられる

客室乗務員はお客さまと直接接するため、反応をダイレクトに感じられるところも魅力です。

もちろん、失敗をしたり迷惑をかけてしまったりすればお叱りの言葉を受けることもあることもありますが、世の中にはお客さまの顔を直接見ることができない仕事もたくさんあります。

客室乗務員の仕事は、直にお客さまと接し、コミュニケーションをとることができるのが魅力です。

ファーストクラスの担当になれば、普段会うことができないようなエグゼクティブの方と接する機会もあります。

特に人と接することが好きな人にとっては、お客さまからの感謝の言葉に大きな喜びとやりがいを感じられることでしょう。

人間性を活かせる仕事

直接お客さまと接するということは、客室乗務員自身の人間性や個性が出やすい仕事ともいえます。

もちろん会社としての方針やチームワークで動くことは大事ですが、言われたことだけをやるのではなく「自分が良い」と思ったサービスを提供することも重要です。

客室乗務員の仕事には、自然とその人の人間性が表れてきます。

自分自身を磨き続けることで、どんどん客室乗務員としても成長していくのが感じられるのも、大きな魅力の1つです。

さまざまな土地で見聞を広める

もちろん、フライトでさまざまな土地を訪れることができるのもこの仕事の魅力です。

国際線に乗務できるようになれば、異文化の空気を肌で感じたり、現地ステイでその国の魅力を味わったりすることもできます。

こうして見聞を広めることで、その土地の歴史や文化を学び、お客さまに対するサービスもより向上します。

さらに、プライベートで飛行機を利用する際にも「社員割引」で定価よりも安く航空券を購入することが可能なため、旅行が好きな人には魅力的な仕事といえるでしょう。