客室乗務員に向いている人・適性・必要なスキル

客室乗務員に向いている性格・適性

自己管理ができる人

客室乗務員は体力があることに加えて、徹底した自己管理ができるかどうかも重要です。

客室乗務員になると、フライトで各地に飛び回ることになります。

フライトの度に違う時差の国に行くことも多くなるため、しっかりと自己管理ができていなければ、すぐに身体を壊してしまうでしょう。

国内線だけを運航する航空会社の場合でも、1日に数回のフライトをこなすハードスケジュールのため日頃から自分で体調を整えようと努力することは必須です。

豊かな人間性がある人

客室乗務員の採用試験では、人柄が大変重視されます。

さまざまなお客さまと接する仕事であるため、人間的な魅力があるかどうかや、一般教養が身についているかなども問われます。

客室乗務員は、お客さまにとって安心感を持ってもらえるような存在にならなければなりません。

そのためには、日頃から世の中のニュースに興味を持ち教養を深めたり、さまざまな人と話してコミュニケーション能力を高めたりすることも大切です。

正しい日本語が使えるかどうか、清潔感や笑顔・立ち姿など見た目の部分も重要です。

これらは日常的に注意しておくとよいでしょう。

チームプレーができる人

客室乗務員はパイロットや整備士、また他の客室乗務員たちと協力し合って働く必要があるため、チームプレーができる人が望まれます。

もちろん、自分の経験や判断に基づいてお客さまにサービスをすることもありますが、基本的には仲間と協力して働く姿勢が必要です。

クラブ活動やアルバイトなど、仲間と一緒に行動することへのやりがいや苦労の経験を味わったことがあれば、客室乗務員の仕事でも生かすことができるでしょう。

客室乗務員になるには

客室乗務員に必要なスキル・能力

保安要員としての使命感・責任感

客室乗務員は、機内のサービス要員だけでなく、万が一の時の保安要員として、大勢のお客さまの命を預かっているという使命感・責任感を持って仕事に臨まなければなりません。

飛行機を利用するお客さまは安全な運航を信じていますから、フライト中にお客さまが不安を感じるようなことがあってはならないのです。

フライト前後やフライト中の安全には常に気を配り、万が一、機体や機内の状況に異常を感じたら、すぐに機長や他のクルーに報告し指示を仰ぎます。

どうしても空港に引き返したり、不時着を余儀なくされたりすることになれば、冷静にアナウンスをしてお客さまを誘導しなくてはなりません。

客室乗務員にとってはお客さまの安全を守る気持ちが何よりも大事なのです。

向上心

サービス業の中でも、特に質の高いサービスを求められる客室乗務員の仕事には、向上心が欠かせません。

新人の客室乗務員にとっては、1日も早くお客さまに満足いただけるおもてなしができるよう努力が必要ですが、仕事に慣れてベテランといわれるようになっても、より良いサービスを目指していくという気持ちを忘れてはなりません。

客室乗務員にとっては毎日のフライトで毎日同じような業務の繰り返しでも、目の前にいるお客さまはその1回のフライトでのサービスに期待しています。

妥協せず、常に向上心をもって、目の前の仕事に全力で取り組むことが大切です。

冷静に対応すること

客室乗務員は、お客さまからクレームを受けることもあります。

それは客室乗務員のミスによるものばかりではありませんが、たとえ「自分には非がない」と思っても、まずはお客さまの声にしっかり耳を傾けることが大切です。

そして、感情的になっているお客さまが一番何を言いたいのか、何をしてほしいのかを冷静に考えなくてはなりません。

はじめは戸惑うことも多いかもしれませんが、先輩の対応の仕方を見たり、自身が経験を重ねたりしていくことで、徐々にお客さまから逃げずに冷静に向き合えるようになるものです。

客室乗務員に向いていないのはどんな人?

客室乗務員は業務の面からも体調の面からも自分に厳しい態度で臨まなくてはなりません。

そのため、自分に甘い人や向上心がない人は、客室乗務員になるのは難しいでしょう。

客室乗務員の仕事をする上では、ちょっとした甘えや油断からお客さまに迷惑がかかってしまったり、最悪の場合安全な運航が脅かされてしまったりすることもあります。

客室乗務員は、接客業でありながらお客さまの命を守る仕事であるため、油断や甘えも許されないのです。