客室乗務員になるには

客室乗務員になるには

大手2社は専門学校卒以上の学歴が必要

客室乗務員になるためには、各航空会社の採用試験を受験する必要があり、「新卒」と「既卒」では別の採用試験を実施する会社もあります。

応募資格は会社によってまちまちですが、大手(JAL・ANA)の場合は新卒・既卒に関わらず「専門学校以上」の学歴が必要とされています。

大学卒の採用も多いですが、客室乗務員になるための課程がある短大や専門学校(エアライン系スクール)からの採用もあります。

なかには、高卒でも受験ができる航空会社もありますが、その場合、既卒枠での受験となります。

学歴以外にも、年齢や身体条件・居住条件・英語力など、いくつかの応募資格がありますので、各社の募集条件を確認しておく必要があります。

近年では男性の客室乗務員を積極的に採用している航空会社もあります。

最近では年齢制限を設けていない航空会社も増えていますが、各社の採用情報は毎年変わる可能性もあるので、こまめに確認しましょう。

採用人数はその年によって異なり、大手では数百名程度、小さな航空会社では数十名というのが一般的です。

外資系航空会社の場合

外資系の航空会社でも、日本国籍を持つ人の客室乗務員採用を行っています。

応募資格はまちまちですが、英語に加え、その国の言語に堪能だと優遇されやすくなります。

なかにはパソコンのスキルや水泳能力を求めるなど、日系航空会社とは違った条件が必要となる場合もあります。

外資系の場合、日本の航空会社以上に各会社でカラーが異なるため、特に注意が必要といえます。

客室乗務員の資格・難易度

客室乗務員になるために、特別な資格は必要ありません。

ただし英語力に関しては、採用条件としてTOEICの点数や英検の級を必須とすることもありますので、学生のうちにしっかりと条件を満たす語学力を身に付けることが必要です。

また、客室乗務員として採用されてからは「機種乗務資格」という資格を取得しなくてはなりません。

飛行機は機種ごとに保安装備や構造が異なるため、客室乗務員は各機種に該当する機種乗務資格を持ってなければ搭乗することができないようになっています。

そのため、初期の研修を終えてもその直後は搭乗できる便が限られており、国内線を中心に現場経験を重ねながらスキルを磨いていきます。

それと同時に、各機種常務資格取得のための訓練も重ね、少しずつ搭乗できる機種を増やしていくこととなります。

客室乗務員になるための学校の種類

客室乗務員を目指すための学校は、大学・短大・専門学校などがあります。

客室乗務員の採用試験では多くの航空会社が「専門学校卒・短大卒以上」の学歴を条件としているため、どの学校を卒業しても受験資格は得られます。

観光系・航空系の専門学校に設置されている「エアライン学科」などの航空系に特化した課程で学ぶ人もいますが、実際には学部学科に関わらず4年制大学を卒業した人が多く採用されています。

大学と並行して民間のエアラインスクールに通い客室乗務員になるための知識やマナーを学んでいる志望者もたくさんいます。

客室乗務員に向いている人

気配りができる人

客室乗務員は国籍や年齢を問わず、あらゆる人に柔軟に対応できる接客の能力が必要です。

そのためお客さま一人ひとりに対して、細かい気配りができることが大切です。

また、気配りを実践するためには、語学力や国際感覚、一般教養も求められるため、さまざまな知識を習得していなければなりません。

冷静な対応ができる人

機内では、天候によるやむを得ないトラブルや、お客さまの体調不良など、予期せぬ事態が起こることもあります。

こうした緊急時でも適切に対応できる判断力や、どんな状況でも落ち着いて冷静に対応できる精神力も必要です。

体力のある人

客室乗務員は体力が必須です。

国内線勤務の場合、1日数往復のフライトを担当し、国際線では長時間の勤務となるため、非常にハードな仕事です。

勤務時間や休日も不規則であり、華やかな仕事でありながらも、体力がなければ務まらない仕事です。

客室乗務員のキャリアプラン・キャリアパス

入社後の研修

難関と言われる客室乗務員採用試験を突破しても、すぐにフライトを経験できるわけではありません。

就職後は、実際に搭乗する前に、専門的な教育・研修を受けます。

まず地上訓練とフライト訓練を受け、客室乗務員に必要な基礎知識やスキルを身につけてから業務に就くことができます。

接客やサービスに関することだけでなく、安全管理についても重点的に学びます。

訓練期間は一般的に3ヵ月程度といわれています。

日系航空会社の場合、最初は国内線のみの勤務となります。

国内線で2年から3年勤務をした後に、国際線向けの研修を受け、搭乗勤務するようになります。

海外の航空会社は、日本人向けの対応を求められての採用となるため、その航空会社の本国と日本との往復での勤務となることが一般的です。

客室部に配属される

客室乗務員は航空会社の客室部門に所属するのが一般的ですが、大手の場合、配属先はさまざまです。

配属された地域を「ベース」として、8人前後の班に分かれて勤務します。

配属後は、いよいよ先輩客室乗務員と一緒に搭乗することになります。

客室乗務員をまとめるリーダーへ

一部の航空会社では、正社員採用が増えてきましたが、一般的に客室乗務員はまず契約社員として雇用され、入社から3年程度はそのまま経験を積むことになります。

その後、本人の努力や意向によって正社員になることで、クルーとしての客室乗務員から「アシスタントパーサー」といった役職に昇進するのが一般的です。

さらに経験を積むと、「パーサー」や「チーフパーサー」といった順で昇進していきます。チーフパーサーは客室乗務員の責任者で、客室乗務員としての仕事もこなしますが、クルー全体をとりまとめて指示を出したり、部下の指導に当たったりすることが多くなります。

航空会社によって役職の名称は異なりますが、契約社員スタートの客室乗務員も、乗務を続けてスキルを身につければ昇進することは可能です。

客室乗務員を目指せる年齢は?

転職で客室乗務員を目指す場合、国内の航空会社では「既卒」枠での採用試験を受験することになります。

近年、新卒採用では正社員登用が一般的になっていますが、既卒(中途採用)の場合はまずは契約社員として3年間働き、その後本人の希望や能力、適性を踏まえて正社員へと登用する場合が多いです。

採用されるポイントは、新卒の場合とほぼ変わらないため、しっかりと対策をしておくことが必要です。

年齢制限は特に設けていない会社が増えていますが、実際は20代後半や30代前半が一定のラインとなるようです。

教育に時間がかかることや、体力勝負の仕事であることから、客室乗務員を目指すには若いに超したことはないでしょう。