このサイトはグランドスタッフを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「グランドスタッフ」

仕事内容
グランドスタッフは、空港に勤務し、利用客に対するさまざまなサービスを提供する仕事です。主な業務は、チェックインカウンターでの航空券の発券や荷物の受け取りなどを行う「搭乗手続き」と、乗客をスムーズに誘導する「搭乗案内」の2種類に分けられます。海外からのお客さまも含め、たくさんの人と接するため、空港に関する全般的な知識はもちろん、高いコミュニケーション能力や語学力も求められます。
なるには
グランドスタッフになるには、高校卒業後にエアライン系の専門学校で学ぶか、一般の大学や短大、専門学校で学び、航空会社に就職する流れが主なルートとなっています。特別な資格は必要ありませんが語学力が求められることは多く、「TOEIC550点」もしくは「英検2級」を応募条件としている航空会社もあります。近年は、新卒の場合契約社員からスタートし、数年勤務したのちに正社員に切り替わる形が一般的となっています。
給料
契約社員の場合、時給1000円程度が相場となっています。新卒から正社員で採用された場合は、月給15万円~18万円程度からのスタートで、平均年収は200万円~350万円ほどになります。給与面を見ると航空業界は全般的に厳しい状況にあると言えますが、待遇面は比較的安定しており、各種手当や社会保険制度などは整っていることが多いようです。ただし、24時間体制のシフト制で働く職場も多く、体力も要するため楽な仕事とは言えません。
将来性
航空会社の競争が厳しくなったことにより、他社よりも優れたサービスを提供したり、自社ならではの特色を出したりする「差別化」が重要なポイントになっています。そのような中、直接お客さまと接するグランドスタッフへの期待は高まっており、また、個々のスタッフの人間性や能力がますます重視されています。ただ受け身で働くだけではなく、新しいアイディアや気付きを提案できるような人材も求められていくものと考えられています。

仕事体験談