客室乗務員への転職・未経験からなるには?

客室乗務員への転職状況は?

客室乗務員の平均勤続年数は、ANAが6.5年、JALは10年前後と決して長いとはいえません。

女性が多い職場ということもあり、結婚・出産といったライフイベントなどを理由に離職・退職する人は多く、その穴を埋めるために中途採用や既卒採用も多く行われていて、実際に中途採用で客室乗務員になる人も多くいます。

客室乗務員への転職の志望動機で多いものは?

客室乗務員への転職の理由として多いものは客室乗務員へのあこがれを捨てきれない、航空業界で働きたいという強い思いです。

また、仕事に対するやりがいや英語力を生かせることから客室乗務員という道を選ぶ人もいるようです。

客室乗務員は非常に人気の職業で倍率も高いため、一度は採用試験に落ちたものの、夢をあきらめきれずに中途採用を受け続けるという人もいます。

社会人になってからもエアラインスクールに通ったり、接客スキルを身に付けたりしながら、転職への機会をうかがっている人が非常に多いのです。

そのため既卒採用だとしても狭き門となることが多く、新卒以上に知識とスキルが求められます。

未経験・社会人から客室乗務員になるには

日系の航空会社の場合

日系の航空会社では、しばしば客室乗務員の既卒試験が行われており、社会人経験のある人を一定数受け入れています。

職歴は問われませんが、既卒試験は人材不足の場合に行うのが一般的であるため、採用者数は新卒枠に比べると多くありません。

近年は正社員採用も増えつつありますが、まずは契約社員として3年間働き、その後本人の希望や能力、適性を踏まえて正社員に切り替わる場合が多いため、待遇面ではしっかりと調べて置くことが必要です。

採用されるポイントは、新卒の場合とほぼ変わりなく、TOEICの点数や身長制限などが科せられることもあるのでしっかりと調べておきましょう。

外資系エアラインの場合

外資系のエアラインは、日本のように新卒と既卒で採用試験が分けられていないのが普通です。

アジア系以外では年齢制限が緩い分、日系の航空会社よりも語学スキルを求められることが多く、また、身長制限などの応募資格も日系工区会社とは異なるため注意が必要です。

ヨーロッパ系航空会社の場合は、英語以外にその国の言語にも堪能であるとより有利になるでしょう。

雇用形態は契約社員・正社員とまちまちです。

未経験から客室乗務員を目指す場合のポイント

募集時期

新卒採用のように、どの会社も同じ時期に採用活動を行うわけではありません。

また、募集から締め切りまでが非常に短いケースもあるため、こまめにホームページやエアライン系の雑誌などで求人情報をチェックしておきましょう。

学歴

専門学校・高等専門学校・短期大学・4年生大学・大学院(修士課程)の卒業・修了が一般的です。

なかには高卒者でも受験できる航空会社もあるため、高卒から客室乗務員を目指す場合は、こうした企業を積極的に受験しましょう。

身長制限・視力など

日系航空会社の場合、応募資格に身長は明記されていませんが、外資系航空会社では160cm前後以上を条件としているケースが一般的です。

その他、コンタクトレンズの矯正視力が両眼とも1.0以上であることや、航空機乗務に必要な体力があり、呼吸器・循環器等の身体に問題がないことなどがよく挙げられています。

客室乗務員への転職に必要な資格・有利な資格

客室乗務員は国家資格が必要なわけではなく、学歴やいくつかの応募資格を満たしていれば、誰でも受験することが可能です。

ただし必要な資格としては、多くの航空会社の採用試験の応募資格にある「TOEIC」のスコアがあります。

日系で600点以上、外資系資エアラインでは、さらに高い英語力が要求されるのが一般的です。

さらに英語圏以外の場合はその国の言語に堪能であることが必須なので、転職を考える人はあらかじめ勉強し対策しておく必要があるでしょう。

また、秘書検定やビジネスマナー検定など接客に役立つ資格と持っていたり、赤十字等が行う救急救命講習会などを受講していたりすると有利となる場合があります。

客室乗務員を目指す人におすすめの資格は?

客室乗務員への転職に役立つ職務経験は?

客室乗務員への転職で、何よりも役立つのが接客スキルです。

もし接客に関わる仕事をしていたのであれば、お客さまに感謝されたこと、臨機応変な対応でトラブルを対処したこと、クレーム処理をしたことなど具体的なエピソードを話しましょう。

接客経験がない場合は、問題解決能力やマネジメント能力など、客室乗務員の仕事をする上でも生かすことができるようなスキルや、英語をはじめとした語学力をアピールしていくとよいでしょう。

エアラインスクール・専門学校に通うべき?

客室乗務員の採用試験は既卒でも高倍率となるため、面接の練習や英語のレッスンを受けておかなければ、合格は非常に難しいといえます。

業界の情報を収集する際にも、エアラインスクールや専門学校に通うことはプラスになります。

働きながら客室乗務員を目指したい人に向けて、夜間や休日を利用して通えるエアラインスクールや専門学校もあります。

時間や金銭面で余裕があれば、積極的に活用しましょう。

客室乗務員への転職面接で気をつけるべきことは?

異業種から目指す場合、採用担当者も「なぜあえて航空業界を?」と思うことは間違いありません。

転職とはいえ、客室乗務員は中途採用でも倍率が高くなることが多いため、明確な志望動機を用意しておく必要があるといえます。

そのほか、これまでどのような仕事を経験してきて、それを客室乗務員としてどう生かしたいのかをしっかりと自己分析し、PRできることが重要といえます。

客室乗務員の志望動機・自己PR・面接で気をつけるべきことは?

客室乗務員に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

客室乗務員というと若い女性のイメージがありますが年齢制限は特に設けていない会社が増えています。

20代後半や30代でも採用されることはあるようですが、キャリア形成の面から20代後半が一定のラインとなるようです。

また客室乗務員は体力勝負の仕事ゆえ、若いに超したことはないという声も聞かれます。

ただし、グランドスタッフなど航空会社での勤務経験がある場合は、一定の年齢を重ねても採用されやすい傾向にあるようです。

未経験から客室乗務員の転職での志望動機

志望動機の考え方

未経験から客室乗務員を目指すのは決して簡単ではありません。

多くの人はエアラインスクールに通ったり、専門学校に通ったりするなどあらゆる対策をしているため、しっかりと準備をしていなければ面接を突破するのは難しいでしょう。

なかでも志望動機はとても重要なポイントです。

未経験の場合は、客室乗務員としてどのように成長したいか、どのような勉強をしたいかなどを具体的に話せるようにしておくことが大切です。

そのためには企業研究や、競合他社との比較などの業界研究が必須です。

また、前職での経験をどのように生かしていきたいかも問われるため、相手を納得させられるような自己PRをしっかりと考えておくことが必要です。

志望動機の例文

「幼いころから航空会社で働くのが夢でした。

残念ながら新卒採用では夢がかなわず、現在は空港内にある売店でアルバイトとして働いています。

空港内で働くうちに、さまざまな国や年齢の人に対し接客することの難しさと面白さに魅力を感じ、もう一度客室乗務員を目指したいと思うようになりました。

独学で英語を勉強したことから、英語は日常会話であれば問題なく行うことができます。

アルバイトでの接客経験を活かして、一人一人の状況や気持ちに寄り添える客室乗務員になりたいです。」

客室乗務員に転職することを考えている人は、客室乗務員の求人に強い転職エージェントを利用するのもよいでしょう。

リクルートエージェントは、最大手のエージェントであり、航空会社の求人も多数保有しています。

各社の採用条件を詳しく教えてもらうことができ、面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることもできます。