客室乗務員に身長・年齢制限はある?

客室乗務員に身長制限がある理由

国内航空会社の客室乗務員採用試験では、応募資格に「身長○○cm以上」といった項目が明確に設けられていることはほとんどありません。

ただし、客室乗務員には一定の身長が求められることは確かです。

機内では、手荷物を頭上の収納棚にしまいますが、もし扉がきちんと閉まらないまま離陸してしまえば、手荷物が落下する可能性もあり危険です。

そのため、客室乗務員は離陸前に一つひとつの扉を手で押して確認します。

頭上の収納棚は高いところにあり、身長が低いと手が届かない場合があるため、ある程度の身長が求められるのです。

客室乗務員の身長制限

外資系航空会社では、身長制限について明確に書かれているケースもあります。

おおむね160cm前後が一定の基準となるようです。

国内の航空会社でも160cm以上あれば安心できます。

身長が足りないからと言って必ずしも採用されないというわけではなく、採用については本人の適性や魅力などを総合的に判断されるため、身長はあくまで採用を判断する要素の一つとしてとらえておくのがよいでしょう。

小型機で運航する航空会社では身長は問われないケースも多く、また近年の航空機ではステップがついている機体も増えているため、今後はより身長制限について緩和されていくのではないかと予想されます。

客室乗務員の年齢制限

年齢制限に関しては、新卒か既卒か、また企業によっても異なります。

近年では、ANAが既卒受験者の年齢制限を撤廃し、話題となりました。

飛行機を利用する人が年々増加しているのに伴い、各社が主要路線を中心に増便しているため、客室乗務員の確保が急務となっているのです。

結婚や出産などのやむを得ない事情で一度は退職・離職したものの、再度客室乗務員として働く人も増えてきているのは事実です。

日系航空会社の場合

客室乗務員は体力を要する仕事であるため、どうしても採用の際は若い人が好まれる傾向にはあります。

また未経験の場合は、教育の必要性から20代後半から30代前半までが一定のラインとされているようです。

特に年齢制限がない場合、本人に魅力や適性があると判断されれば何歳でも採用される可能性はあり、特にグランドスタッフや客室乗務員など航空業界での経験がある人は優遇されます。

新卒の場合は学歴以外に年齢制限を挙げていない場合もありますが、多くの受験者は大学卒業から専門学校卒業の20歳から22歳前後だといわれています。

外資系航空会社の場合

アジア系の航空会社では昔から年齢の若い人を求めていると言われますが、欧米系の航空会社では特に年齢を気にせず、30歳を過ぎた人が採用されることも少なくありません。

外資系の場合、新卒・既卒の区別なく採用試験を行うため、実力さえあれば何歳からでも客室乗務員を目指すことができます。

年齢を経てから客室乗務員への転職を目指す場合は、日系航空会社だけでなく外資系航空会社にも視野を広げてみるとよいでしょう。