キャビンアテンダントは男性でもなれる?

男性でも客室乗務員になれる

客室乗務員といえば女性のイメージが強く、男性の採用はしていないのではと考えている人もいるかもしれません。

しかし、応募資格に「女性のみ」と書かれている企業はなく、男性でも応募することは可能です。

実際に、日本の航空会社でも男性の客室乗務員は働いています。

特に、大手と特色の違いを打ち出す中堅やLCCが積極的に採用する傾向にあり、スカイマークやスターフライヤー、AIR DOなどでは男性の客室乗務員が徐々に増えつつあります。

もちろんJALやANAでも男性の客室乗務員が活躍しはじめていますが、まだその数は多いとは言えません。

外資系では男性の客室乗務員も活躍

海外では客室乗務員は男性にとっても一般的な職業になっていて、多くの男性が活躍しています。

男性客室乗務員を積極的に採用しているエールフランス航空では、世界にいる客室乗務員約14,000人のうち男性が約4,600人と、男性の割合が非常に高くなっています。

男性で客室乗務員を目指したいと考える人は、採用が少ない日系航空会社だけでなく、外資系航空会社まで視野を広げると、よりチャンスが広がるかもしれません。

日本の客室乗務員に女性が多い背景

日本では客室乗務員は女性の仕事というイメージが強く根付いていますが、これには理由があります。

かつての日本では、家族旅行や女性の搭乗客が今のようにメジャーではなく、ビジネスで国際線を使う男性客がメインの客層として考えられていました。

そのため若い女性による接客がふさわしいという考えが各航空会社にあり、その考えがいまも根強く残っているようです。

一方、フランスなど欧米各国では、レストランやホテルなどでの一流の接客サービスは男性が担うことが多いため、自然と男性の客室乗務員採用も増えていったようです。

男性が客室乗務員に採用されるポイント

男性の場合も、採用試験でチェックされるポイントは基本的に女性と同じです。

男性だからと言って優遇されたり、逆に不利になったりすることはありません。

ほかの客室乗務員を目指す人と同じように、しっかりと知識やスキルを身に付けておきましょう。

面接の際は、女性のヘアメイクと同じように髪型やひげ・スーツの着こなし方やシャツ・ネクタイの結び方などの身だしなみにも注意する必要があります。

また、職場は女性のほうが圧倒的に多いため、女性ときちんとコミュニケーションがとれるかという点も重視されるため、しっかりと答えられるようにしておくことが必要です。

男性客室乗務員の役割

客室乗務員は力仕事が多いため、重い荷物の積み下ろしをはじめ、車いすや身体が不自由な人の介助など、男性が頼りになる場面は多くあります。

また、客室乗務員はサービスだけでなく保安要員としての役割もあるため、トラブルが起きた際に男性が役に立つ場面もあります。

近年は飛行機内での乗客によるトラブルや女性客室乗務員に対するセクハラ・いやがらせなどの行為に対し、男性客室乗務員が対応することも増えているようです。