客室乗務員の勤務時間・休日

勤務体系の種類

客室乗務員は土日祝日を含めたシフト勤務です。

空港によっては24時間飛行機が発着しているところもあります。

それに伴って客室乗務員は早朝や夜遅くの搭乗もあるため、勤務に関してはどうしても不規則になりがちです

規則正しい生活はできないものと考えておいたほうがよいでしょう。

客室乗務員の勤務時間

たとえばJALの場合、客室乗務員の勤務時間は「月間150時間程度(概ね航空機乗務17日、地上業務3日の割合を予定)」と発表されています。

しかし、客室乗務員の仕事は目的地までの距離によってフライト時間(勤務時間)が異なるうえに時差もあるので、一般企業のように「9時から17時まで」というようにはいえません。

また長距離フライトの場合には帰りのフライトに備え、現地で宿泊を伴う勤務となることもあり、勤務日も勤務時間も不規則となります。

国内線の場合には、1日に2回から3回程度のフライトをこなす場合が多く、繁忙期には4回のフライトになることもあり、華やかではありますが、体力が要求される仕事です。

どの航空会社でも事前に向こう1ヵ月間の勤務スケジュールを決め、客室乗務員はそれに沿って仕事をしています。

客室乗務員の休日

客室乗務員は土日祝日を含めたシフト勤務であるため、毎週決まった曜日の休日にはなりません。

国内線勤務の場合は、4日働いて2日休むサイクルが一般的です。

国際線での長距離フライトを終えた後は、滞在期間に応じて帰国後に連休が入ります。

休日は原則として月に10日前後が一般的です。

客室乗務員の残業

客室乗務員には、いわゆる「残業」はありません。

しかし、もし天候や機材繰りなどにより目的地への到着が遅れれば、勤務時間も自然と長引くことになります。

また、毎回フライトの時間内ですべてのサービスを提供し終えなければならないため、仕事中は気を抜いたり休憩したりすることはできません。

残業がない分、他の仕事よりも厳しい環境と言えるでしょう。

客室乗務員の夜勤

客室乗務員は、時に深夜までのフライトを担当することがあります。

特に国際線など、8時間を超えるような長距離路線に乗務する場合は、機内の最後尾にある仮眠室(クルーバンク)を使い、交代で休憩がとれるようになっています。

また、深夜までの仕事に及んだ場合は勤務に応じた深夜手当が支払われます。

客室乗務員は忙しい? 激務?

不規則な勤務体制のつらさ

国際線に乗務する客室乗務員の場合、国によって異なる時差の影響を受け、実質徹夜勤務になることも多いため、生活が不規則になりがちです。

国内線勤務でも早朝便に乗務する日は朝3時や4時に起きるのが当たり前、さらに1日に複数のフライトに乗務するため、かなりの体力・気力を消耗します。

どの程度で「激務」と感じるかは人それぞれですが、客室乗務員にとって体力はもちろん、不規則な生活や少々のストレスには負けない精神力や体力が必要といえるでしょう。

過酷な機内環境

飛行機に乗った際に、喉が痛くなったり目が乾いたりすることがあります。

飛行機の外は氷点下にもなるため、機内温度を保つために使用される空調により湿度が大きく下がってしまうのです。

長距離フライトにもなれば、機内の湿度は20%以下にまで下がるため、風邪をひきやすい、肌が乾燥するなどのトラブルに見舞われる客室乗務員も少なくありません。

こまめに水分をとり、滞在先や休憩中はしっかりと加湿するなどして、健康管理に気を付けなければなりません。

客室乗務員の休日の過ごし方

勤務先の企業によっては、ある程度まとまった休暇を取得することも可能です。

旅行が好きな人が多い職業であり、そうした休みを利用して海外に旅行に行くといった人も多くいます。

また、国際線で次のフライトまで時間がある場合は、現地に滞在することもあります。

プライベートだとしても、その国の歴史や文化などに触れ見聞を広めることで、客室乗務員としてのサービスの向上に生かすことができます。

客室乗務員の1日・1週間のスケジュール