客室乗務員になるまでにどんな訓練をする?

客室乗務員の訓練はつらい?

客室乗務員として採用されると、まずは訓練所で2ヵ月間ほどの専門的な研修(訓練)を受けることになります。

サービス要員、保安要員の両面に関するスキルを身につけ、試験に合格しなければ実際に客室乗務員としてサービスすることはできません。

社会人としての心構えから、客室乗務員の専門スキルまでしっかりと訓練されます。

指導するのは、主に人材開発部や客室訓練部などに所属する、先輩客室乗務員たちです。

毎日多くのことを指導され、細部にわたって厳しくチェックされるため、訓練期間はつらいと感じる人も多いようです。

客室乗務員の訓練内容

客室乗務員は、一度訓練を受けたらそれで良いというわけではなく、客室乗務員として勤めるためには定期的にさまざまな訓練を受ける必要があります。

JALの場合、客室乗務員は年に一度訓練内容の知識を試す試験を受けなければならず、この試験に合格できなければ翌日から乗務ができないという厳しいものになっています。

また、チーフパーサーやマネージャーになったり、ビジネスクラスやファーストクラスでサービスをしたりするためには、フライトでの経験を積みこうした訓練を受け試験に合格しなくてはなりません。

客室乗務員として働き続けるには、訓練は仕事の一部ともいえる重要なものです。

サービス訓練

機内での接遇を中心とする訓練で、お客さまが搭乗する前の機内の安全確認から、お客様が降機するまでのお客さまが目にする一連の流れを学びます。

はじめは座学があり、一つ一つの知識を身に付け、筆記試験に合格する必要があります。

その後はモックアップと呼ばれる機内を再現した施設を利用し、アナウンス方法、機内食や飲み物の提供方法やカートの使用方法などをロールプレイしていきます。

サービスに関することだけでなく、客室乗務員としての言葉遣い、自然な笑顔の作り方、美しい立ち姿や座り姿、メイクアップの方法などまで、厳しくチェックされます。

保安訓練

サービスの訓練以上に厳しいとされるのが、緊急時に備えた保安訓練です。

緊急時の対処法について身体を動かしながら学んでいきます。

火災をシミュレーションできる機能などもあり、ありとあらゆる不測の事態に備えた訓練が可能となっています。

万が一のことがあれば、客室乗務員は迅速かつ的確な状況判断に加え、乗客を誘導するためのリーダーシップも求められます。

もちろん、正しく誘導するためには飛行機の仕組みについても理解している必要があり、それを座学で学ぶ時間も含まれています。

OJT

訓練をすべて終了し、試験に合格すると、ようやく訓練生として認められます。

訓練生にはバッジが与えられ、ここでようやく制服を着用し実際のフライトをします。

OJTではお客さまが搭乗する前の機内の安全確認から、お客さまが降機するまでの一連の流れを実際に体験しながら学びます。

OJTにはインストラクターが同乗し、訓練生がしっかりとサービスができているか、不手際がないかどうかをしっかりとチェックしていて、フライト終了後には振り返りやアドバイスをもらえます。

OJTは3回から4回ほど行われ、インストラクターからすべてのチェック項目の合格をもらえると、晴れて一人前として認められます。