客室乗務員のつらいこと・大変なこと・苦労

客室乗務員のつらいこと・大変なこと

体調管理の大変さ

客室乗務員ならではの大変さに、不規則な勤務のなかでの体調管理があります。

客室乗務員の仕事は体力勝負であるため、体調管理が必須です。

長時間のフライトは予想以上に体力と精神力を消耗し、さらに時差が加われば、誰でも体調を崩しやすくなります。

そのため、客室乗務員がいつも元気な姿で働くためには、日ごろから身体のケアに人一倍気を付けなければなりません。

サービスの難しさ

客室乗務員になると、サービスやマナーなどの厳しい研修が行われます。

客室乗務員として勤務するために最低限必要なことを学びますが、それだけで完璧とは言えません。

あとは、自身が仕事をしながら高いサービスのスキルを身につけていかなくてはなりません。

一人前の客室乗務員になるには、お客さまがリクエストする前に何を求めているのか察知し、先回りのサービスができるようになることが必要です。

新人のうちは、サービスの奥深さ、何年もかけて接客スキルを身につけていかなければならない大変さを実感するでしょう。

ハードな保安訓練

各航空会社では入社時だけでなく、定期的に訓練が実施されています。

機内からの脱出方法や救命救急の方法など、初めて学ぶことがたくさんあります。

全速力で走ったり、お客さまを誘導するために大声を出したりと、大変ハードな訓練ですが、万が一のときには生死を左右する内容になるため、訓練とはいえ気を抜くことは許されません。

お客さまからのクレーム

どんなに注意深くサービス面に気を配っていても、お客さまからのクレームが発生してしまうことがあります。

ときには行き場のない怒りや無理難題を客室乗務員にぶつける人も出てきますが、そんなときでも、客室乗務員は落ち着いて最後まで話を聞き、冷静に謝罪や状況説明をする必要があります。

客室乗務員のように人と直接関わる仕事は、人から感謝されることに大きな喜びを感じられる反面、お叱りの言葉を受けることも覚悟しておかなくてはなりません。

客室乗務員の悩み

不規則な勤務体制

客室乗務員は土日祝日を含めたシフト制の勤務になるため、休日も決まった曜日になるわけではありません。

また、フライトは早朝から深夜まであるため、サラリーマンと同じように毎日同じ時間に出勤することはほとんどありません。

国際線の長距離フライトを終えると連休が入ることもあり、客室乗務員は他業種よりも一カ月当たりの休日は多いことが一般的なので、プライベートの時間は確保されていると言えるでしょう。

しかし、このような不規則な勤務時間と休日になるため、友達や家族などと休みを合わせるのが難しい、また体調管理が難しいという悩みを持つ人もいます。

足腰への負担

客室乗務員は立ち仕事のため、どうしても足や腰への負担がかかります。

機内ではハイヒールを履くため、足にマメができてしまうことも少なくありません。

こうした足腰への負担は職業病とも言え、多くの客室乗務員が抱える悩みです。

仕事に支障が出ないよう、休日を使ってしっかり身体のケアをする必要があります。

客室乗務員を辞める理由で多いものは?

客室乗務員に対して、とても華やかなイメージを抱いている人も多いことでしょう。

しかし、実際にはフライト中はほとんどの時間を立って過ごす体力勝負の仕事です。

機内で制服を着て働く姿だけをイメージしていると、実際に仕事を始めてからイメージとのギャップを感じ辛いと思ってしまうことも多いでしょう。

また、客室乗務員は不規則な勤務のため家族との時間を持つことが難しく、居住地も限定されるため、結婚や出産などを機に客室乗務員を離れる人も多くいます。

客室乗務員は華やかなイメージがあり人気の職種になりますが、体調管理や人間関係で苦労して、つらいと感じる人も少なくありません。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれます。