キャビンアテンダントのつらいこと・大変なこと・苦労

華やかなイメージの裏で、キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)は多くの苦労を抱えています。もちろんそこにやりがいを感じる人もいるでしょう。しかし、大変な仕事であることはたしかです。

本記事では、キャビンアテンダントの仕事をこなすなかでつらい・大変と感じることを紹介します。

キャビンアテンダントのつらいこと・大変なこと

体調管理

キャビンアテンダントならではの苦労に、不規則な勤務のなかでの体調管理があります。

長時間のフライトは体力と精神力を消耗します。そこに時差が加われば、誰でも体調を崩しやすくなります。

このように過酷な勤務をこなしながら体調を管理するのはなかなか大変なことです。

サービスの難しさ

キャビンアテンダントになると、最初にサービスやマナーなどの厳しい研修が行われ、キャビンアテンダントとして勤務するために最低限必要なことを学びますが、それだけで完璧とはいえません。

あとは実務をつうじてスキルを身につける必要があります。

一人前のキャビンアテンダントになるには、お客さまがリクエストする前に何を求めているのか察知し、先回りできることも求められます。

新人のうちは、サービスの奥深さ、何年もかけて接客スキルを身につけていかなければならない苦労を実感するでしょう。

ハードな保安訓練

航空会社では入社時だけでなく、定期的に訓練が実施されています。

機内からの脱出方法や救命救急の方法など、初めて学ぶことがたくさんあるでしょう。

全速力で走ったり、お客さまを誘導するために大声を出したりと、大変ハードな訓練ですが、安全なフライトを実現するために気を抜くことは許されません。

お客さまからのクレーム

どんなに注意深く気を配っていても、お客さまからのクレームが発生してしまうことはあります。

ときには行き場のない怒りや無理難題をキャビンアテンダントにぶつける人も出てきますが、そんなときでも落ち着いて最後まで話を聞き、冷静に謝罪や状況説明をする必要があります。

キャビンアテンダントのように人と直接関わる仕事は、人から感謝されることに大きな喜びを感じられる反面、お叱りの言葉を受けることも覚悟しておかなくてはなりません。

キャビンアテンダントは体力勝負? よくある職業病は?

キャビンアテンダントは体力勝負

時差との戦い

キャビンアテンダントの仕事で体力的に大変なことのひとつは、時差です。

時差がない場合でも、人間は徹夜などで少し生活リズムが狂うと、考えている以上に疲れが溜まってしまいます。

キャビンアテンダントの場合、フライトによっては昼夜逆転して勤務することもあり、そのままにしていると身体を壊してしまいかねません。

日本時間で夜中じゅうずっとフライトで起きていたとしても、現地に着いたら少しだけ仮眠をとり、その後きちんと起きて活動をし、現地の時間に合わせて夜にはきちんと寝るといった計画的な行動が必要になります。

遠方へのフライトの際は、日本到着後に休みが入ります。

そこでも次のフライトに備え、きちんと日本時間に生活リズムを整えておく必要があります。

海外滞在中の生活

海外へのフライトの場合、到着後は現地のホテルに滞在し、帰りのフライトに備えることになります。

その間は現地で食事や睡眠をとりますが、海外旅行気分で楽しむわけにもいきません。

自由時間がとれることもありますが、衛生環境のよくない国では飲食に注意しなくてはなりませんし、慣れない土地では緊張によって消耗し、体調を崩しやすくなったりします。

万全な体調で仕事を続けるためには、フライトとフライトの間でいかに体力を回復させられるかが重要なポイントとなります。

国内線も忙しい

国内線勤務の場合には1日に連続して3フライトから4フライトをこなし、連続で勤務することも少なくありません。

お客さまへのサービスと安全のために気を張る場面も多いため、仕事のあとはドッと疲れがくることもあるでしょう。

どんな航空会社に勤務するとしても、キャビンアテンダントにとって体力は絶対に必要なものと言えます。

キャビンアテンダントの職業病

身だしなみが気になる

キャビンアテンダントの身だしなみに関しては統一された規定があり、勤務時間中はそれに則って仕事をしなくてはなりません。

おもな身だしなみの規定
  • 髪の毛の長さ
  • まとめ方
  • カラーリング
  • ネイル
  • 口紅
  • アクセサリー

毎日こうした規則の中で生活していると、プライベートであっても身だしなみに気を使う人が多く、少しの乱れや他人の身だしなみまで気になってしまう人もいるようです。

また、背筋をピンと伸ばしたり、立ち振る舞いが丁寧になったりするのも、常に人に見られている意識があるキャビンアテンダントならではの癖です。

言葉遣いに気を使う

キャビンアテンダントは非常に厳しいマナーの研修を受け、業務上でも実践しています。

特に言葉遣いは徹底されており、プライベートでも丁寧な言葉遣いで話す人も多いようです。

他人に手を差し伸べたくなる

他人の手荷物が気になってしまったり、つい手を差し伸べたくなったりするのもキャビンアテンダントの職業病です。

キャビンアテンダントは航空機内で、常にお客さまの手荷物の状態を気にしているため、電車やバスの中でも、声をかけてしまいそうになる瞬間があるようです。

また、プライベートでもベビーカーや車いすのひとに声を掛けたくなったり、実際に手を貸したりする人も少なくないようです。

腰痛

腰痛も避けられない悩みのひとつです。

お客さまの手荷物を持ち上げて収納したり、機内食サービスのワゴンを運んで立ったりしゃがんだりを繰り返すと、どうしても腰に負担がかかってきます。

また、ヒールで仕事をすることからもどうしても足腰に負担がかかりやすく、足元のトラブルに悩むキャビンアテンダントも多くいます。

肌や目の乾燥

飛行機の機内では、湿度が大幅に下がります。

快適な温度を保つための空調を使用する上で避けられませんが、長時間湿度の低い環境にいるキャビンアテンダントは肌の乾燥や目の渇きなどに悩まされます

メイクの工夫や目薬などで乾燥をカバーしている人が多いようです。

キャビンアテンダントの悩み

不規則な勤務体制

キャビンアテンダントは土日祝日を含めたシフト制の勤務になるため、休日も決まった曜日になるわけではありません。

また、フライトは早朝から深夜まであるため、サラリーマンと同じように毎日同じ時間に出勤することはほとんどありません。

国際線の長距離フライトを終えると連休が入ることもあり、キャビンアテンダントは他業種よりも一カ月当たりの休日は多いことが一般的なので、プライベートの時間は確保されていると言えるでしょう。

しかし、このような不規則な勤務時間と休日になるため、友達や家族などと休みを合わせるのが難しい、また体調管理が難しいという悩みを持つ人もいます。

足腰への負担

キャビンアテンダントは立ち仕事のため、どうしても足や腰への負担がかかります。

機内ではハイヒールを履くため、足にマメができてしまうことも少なくありません。

こうした足腰への負担は職業病とも言え、多くのキャビンアテンダントが抱える悩みです。

仕事に支障が出ないよう、休日を使ってしっかり身体のケアをする必要があります。

キャビンアテンダントの人間関係は大変?

女性の多い業界

最近では男性のキャビンアテンダントを採用する航空会社もありますが、キャビンアテンダントはまだまだ女性が中心の職業であることには間違いありません。

この仕事ではとくにチームプレーが求められます。個性を出しすぎず、周囲と協力して働こうという姿勢が必要です。

協調性が求められる仕事であるがゆえに、人間関係の構築には気を遣う人も多いでしょう。

密度の濃い関係になりがち

キャビンアテンダントは飛行機内という狭い時間で長時間一緒に業務にあたるため、他の職業に比べて密度の濃い関係になりがちです。

また、キャビンアテンダントは上下関係がはっきりしている仕事でもあります。

新人のうちは先輩を怖いと感じるかもしれませんが、新人を教育する立場上、厳しい態度をとる必要があるのです。

萎縮せずに、積極的にアドバイスをもらったり指導をお願いしたりすることが、よりよいキャビンアテンダントへの早道です。努力する姿勢を認められれば、先輩と理想的な関係を築くこともできるかもしれません。

働くクルーは毎回変わる

ときには厳しい先輩や、気が合わないクルーも出てくることでしょう。

ただし、キャビンアテンダントは常に同じクルーとフライトを共にしているわけではありません。

苦手な人がいたとしても、毎回同じフライトになるわけではないため、毎日デスクで顔を合わせなくてはならないサラリーマンに比べると気が楽な部分もあるでしょう。

とはいえ、人間関係がうまくいかずに退職・離職するキャビンアテンダントも少なくありません。悩みはできるだけ早めに信頼できる仲間や上司に相談するなど、状況改善のための働きかけをすることが大切です。

現場の声をリサーチする

航空会社によって、社内の雰囲気は大きく異なります。

大手航空会社の場合は、上下関係が厳しく人間関係も難しいというイメージがありますが、まだ歴史の浅いLCCは、「みんなでつくり上げていく」という社風のため、大手航空会社に比べると風通しがよい企業もあります。

また外資系航空会社の場合は、仕事の出来がすべてを左右するため、経験や年齢を問わずさまざまなキャビンアテンダントが働いていて、プライベートに干渉されることはほとんどありません。

同じ航空会社だとしても、ベースとなる空港や配属によってまた違った印象を受けることもあるでしょう。

もちろん、就職してみなければわからない部分も多いため、現役で働いている先輩から話を聞いたり、積極的に会社説明会に参加したりするなどして、できるだけ多くの情報を集めて判断することが必要です。

また、キャビンアテンダントとして働くうえでは、仕事は仕事と割り切って人間関係に振り回されないようにすることも大切です。

キャビンアテンダントを辞める理由で多いものは?

客室乗務員に対して、とても華やかなイメージを抱いている人も多いことでしょう。

しかし、実際にはフライト中はほとんどの時間を立って過ごす体力勝負の仕事です。

機内で制服を着て働く姿だけをイメージしていると、実際に仕事を始めてからイメージとのギャップを感じ辛いと思ってしまうことも多いでしょう。

また、客室乗務員は不規則な勤務のため家族との時間を持つことが難しく、居住地も限定されるため、結婚や出産などを機に客室乗務員を離れる人も多くいます。

キャビンアテンダントの苦労のまとめ

キャビンアテンダントに対して、とても華やかなイメージを抱いている人も多いことでしょう。

しかし、実際は仕事中ほとんどの時間を立って過ごす体力勝負の仕事です。

キャビンアテンダントは時差や長時間のフライト、連続した勤務、それに伴う腰痛や乾燥などと戦いながらお客さまへのサービスや安全なフライトを提供します。

休日も仕事の癖が抜けず、身だしなみが気になったり、公共交通機関で同乗した人が困っていたら手を差し伸べたくなったりすることも。職業病とはいえ、プラスの方向にはたらくこともありそうです。

機内で制服を着て働く姿だけをイメージしていると、実際に仕事を始めてからイメージとのギャップを感じて、つらいと思ってしまうことも多いでしょう。

また、キャビンアテンダントは不規則な勤務で友人や家族との時間を持つことが難しく、離職する人も多くいます。

そのうえ、キャビンアテンダントはチームプレーが求められることから、人間関係の悩みが尽きない職業です。

一方で、フライトごとにスタッフが変わり、毎日同じメンバーと仕事をするわけではないのは気が楽といえるかもしれません。

就職する前に現役で働く人から話を聞いたり、会社説明会に参加したりして、集めた情報から自分に合った企業を判断するようにしましょう。

客室乗務員への転職を考えている方へ

また、実際に転職を考える際は、ホワイト企業の求人が多い大手エージェントを利用するのがおすすめになります。

特にリクルートエージェントは、ホワイト企業の求人を揃えており、キャリアコンサルタントが現状の悩みをヒアリングして、転職するべきかどうかのアドバイスもしてくれます。

無理に転職を強要されることもないため、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けられます。